1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 女子ダブルスは大川真実/本井明梨(四天王寺)が初優勝!

女子ダブルスは大川真実/本井明梨(四天王寺)が初優勝!

令和元年8月15日〜20日、鹿児島アリーナ(鹿児島)にて第88回全国高等学校卓球選手権大会が開催中。
大会4日目は男女ダブルスの優勝が決まった。女子は大川真実/本井明梨(四天王寺)が、決勝で高田菜々美/岡田琴菜(明徳義塾)を破って初優勝を飾った。

【女子ダブルス決勝】
大川真実/本井明梨(四天王寺) 4,8,-7,-7,6 高田菜々美/岡田琴菜(明徳義塾)

ベンチに戻り安堵の笑顔の本井と大川。チームメートと喜びを分かち合う

大川/本井はラリー戦での強さで他のペアを一歩上回った

左ペンの高田(右)と右シェークの岡田で巧みな連係を見せた


 決勝は、ノーシードから準々決勝では昨年優勝ペアの出雲/相馬(遊学館)を、準決勝では桑原/川北(正智深谷)と強豪ペアを連覇して勝ち進んできた大川/本井と、準決勝で勢いに乗る黒田/木塚(愛媛済美)を破った高田/岡田の対戦となった。
 序盤は四天王寺ペアがコース取り、読みのよさで2ゲームを連取するも、しっかり足を使ってフォアで攻めだした明徳義塾ペアが2対2に持ち込み、勝負は最終ゲームに。
 最終ゲームはラリーには自信があったという大川の言葉通り、四天王寺ペアが持ち前の安定感を勝負どころで発揮して11対6で、熱戦の幕を降ろした。

■大川真実選手のコメント
「本当にいろいろな方に、支えてもらったり、応援してもらって、その力が決勝とか競った試合で出せたので、周りの方には感謝の気持ちでいっぱいです。
 半年間はずっとこのペアでケンカしながらも頑張りました。苦しい試合ばかりでした。ほとんど信じ切ってました。(本井さんは)決めてくれる。最後とか自分が入らなくてどうしたらいいか分からなかったんですけど、本井さんを信じてやるしかないと思って、着いていくのを頑張りました。
 団体戦の3回戦(大成女子戦。マッチポイントを握られて逆転勝利を収めた)の後からは、自信というか勝てる感覚がつかめたので、今日のダブルスのときもラリー戦では自信があったので、どんどん振っていきました」

■本井明梨選手のコメント
「インターハイまでチーム全員で苦しいことをたくさん乗り越えて来たので、自分たちが全力で一番いい力を出せる自信はありましたし、全力で戦える環境をつくってくださった方々に感謝してこれからも頑張りたいと思います。
 寮生活なので大川さんの日ごろの生活とかを結構見ているんですけど、できないこととか苦しいときでもあきらめずに頑張るところを何回も見ているので、苦しいところでは大川さんが必ず入れてくれると信じて戦いました」

【女子ダブルス準決勝】
大川真実/本井明梨 3,-16,-7,7,9 桑原穂実/川北帆香(正智深谷)
高田菜々美/岡田琴菜 8,12,-3,10 黒田さくら/木塚陽菜(愛媛済美)

川北(右)のチャンスメークに桑原が決定力の高い両ハンドで応えた

黒田(左)と木塚の攻撃力の高いペアで横浜隼人ペアを撃破


 3位には桑原穂実/川北帆香(正智深谷)と黒田さくら/木塚陽菜(愛媛済美)が入った。
 正智深谷ペアは、準々決勝で大成女子の出澤/小林莉をストレートでくだしメダルを決めた。川北が確実につないだボールを桑原がよく動いて両ハンドで決めるパターンで得点を重ねた。
 愛媛済美ペアは、学校対抗でも活躍した木塚を軸に、ラリーの強さで相手を圧倒し、準々決勝では、学校対抗3回戦の再戦となった青木/小畑(横浜隼人)に再び勝利を挙げて、初の表彰台を決めた。

卓レポツイッターでも速報を配信。ぜひご覧ください!

南部九州総体2019速報ページ:http://kirokukensaku.net/0IH19/discipline_060_20190817.html

(取材=佐藤孝弘)

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事