1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 女子シングルス2〜5回戦 出澤、出雲らがベスト4へ。相馬が破れる波乱

女子シングルス2〜5回戦 出澤、出雲らがベスト4へ。相馬が破れる波乱

令和元年8月15日〜20日、鹿児島アリーナ(鹿児島)にて第88回全国高等学校卓球選手権大会が開催中。
大会4日目は女子シングルスの2回戦から5回戦が行われ、ベスト8が出そろった。

●女子シングルス5回戦の結果
庄易(富田) -7,8,11,9 原田季佳(山陽女子)
船場清華(明徳義塾) 8,-9,-10,7,3 髙橋あかり(四天王寺)
川北帆香(正智深谷) -5,10,11,9 稲吉美沙(希望が丘)
岡田琴菜(明徳義塾) 2,7,-8,-4,8 山本愛織(滋賀学園)
出雲美空(遊学館) 6,-9,8,5 海保愛美(武蔵野)
顧琳婧(桜丘) 8,8,9 木塚陽菜(済美)
浅井一恵(桜丘) 4,6,8 工藤夢(五所川原商)
出澤杏佳(大成女子) 5,9,-7,6 菅澤柚花里(四天王寺)

 今日の女子シングルス最大の波乱は、3回戦での第1シード・相馬夢乃(遊学館)の敗戦だろう。加藤瑞穂(日本工大駒場)と対戦した相馬は、加藤のロングサービスからの思い切ったスマッシュにいきなり2ゲームを先行される。あとがなくなった第3ゲームは相馬が攻撃のアクセントを増やしてなんとか返すが、第4ゲームは再び加藤の思い切った攻撃につかまり、金星を献上した。
「(相馬は)第1シードだし、Tリーガーなんで勝てると思っていなかったけど、カット打ちはたくさん練習してきたので、勝ててよかったです。左右にロングサービスを速く出して、(相馬は)フォア面がツブなのでそのナックル性カットを3球目で狙いました」と会心の勝利を挙げた加藤。
 一方、相馬は「鹿児島に来る前までは自信があったというか調子もよくて、今回は行けるかなと思ったんですけど来てみたらやっぱりちょっと緊張したりとか、どこかやりづらいところがあって。常に焦っている感じがあって冷静に試合ができませんでした。第1シードで勝って当たり前と見られたりとか、周りから優勝してねって言われて。応援してもらえるのは嬉しいんですけど、それがプレッシャーになってしまって」とインターハイ期間中の苦しかった心境を吐露した。実力と経験は折り紙付きの相馬。今大会の苦しい経験が、彼女がさらに飛躍するためのバネになることを期待したい。

 相馬のほか、桑原穂実(正智深谷)、青木優佳(横浜隼人)といった力のある外シード勢も3回戦で姿を消した。この結果は、シード勢とそれ以外の選手たちとの力の差が拮抗してきたことの証左と言えよう。

 ベスト8に勝ち残った選手で注目は、第2シードで今年の全日本ジュニア女子を制した出澤杏佳(大成女子)。バック面のツブ高ラバーとフォア面の表ソフトラバーのコンビネーションは鉄壁で、よほどのパワーかコースの組み立てがないと崩せそうにない。また、サービスがよく、バックハンドの変化とフォアハンド強打の連係が冴える出雲美空(遊学館)も一気に頂点をつかむポテンシャルがある。ファイトあふれるプレーで相馬を下した加藤を破り、ベスト8に勝ち上がった庄易(富田)も面白い存在だ。

ナンバーワンシードの重圧に押しつぶされた相馬

相馬を見事に攻略した加藤。続く4回戦で破れたが大きなインパクトを残した

出澤は全日本ジュニアに続くビックタイトルを狙う

サービスからの3球目が面白いように決まった出雲。調子は上々だ

ダイナミックなプレーが持ち味の庄。爆発力がある選手だ


●女子シングルス準々決勝の組み合わせ
庄易(富田) ー 船場清華(明徳義塾)
川北帆香(正智深谷) ー 岡田琴菜(明徳義塾)
出雲美空(遊学館) ー 顧琳婧(桜丘)
浅井一恵(桜丘) ー 出澤杏佳(大成女子)




卓レポツイッターでも速報を配信。ぜひご覧ください!

南部九州総体2019速報ページ:http://kirokukensaku.net/0IH19/discipline_060_20190817.html

(取材=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事