1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 男子シングルス2〜5回戦 戸上、手塚らが準々決勝へ

男子シングルス2〜5回戦 戸上、手塚らが準々決勝へ

令和元年8月15日〜20日、鹿児島アリーナ(鹿児島)にて第88回全国高等学校卓球選手権大会が開催中。
大会4日目は男子シングルスの2回戦から5回戦が行われ、ベスト8が出そろった。

●男子シングルス5回戦の結果
戸上隼輔(野田学園) 12,4,7 山本歩(出雲北陵)
曽根翔(愛工大名電) -6,-6,2,9,8 田原翔太(明豊)
加山裕(愛工大名電) 3,6,5 杉本和也(希望が丘)
谷垣佑真(愛工大名電) 11,7,3 伊藤礼博(安田学園)
阿部悠人(希望が丘) -5,8,9,7 相川誉(湘南工大附)
新名亮太(明徳義塾) -11,-6,7,9,4 堀川敦弘(愛工大名電)
篠塚大登(愛工大名電) 5,6,9 宮川昌大(野田学園)
手塚凌馬(明徳義塾) -11,5,12,-9,9 劉念(日南学園)

 男子は女子に比べて大きな波乱はなく、優勝候補の面々は順当に勝ち上がっていると言える。勝ち進んでいる中で16シード以外の選手は、新名のみ。新名は5回戦で、堀川に0対2から逆転勝ちを収めた。線は細いが鋭い両ハンドで、準々決勝で希望が丘のエース阿部悠人に挑む。
 特筆すべきは、学校対抗で優勝した愛工大名電勢がベスト8のうち4名をしめていることだ。2連覇を狙う戸上だが、準々決勝で苦手にしている曽根、準決勝で加山と谷垣の勝者に勝たなければ決勝には進めない。
 反対側のブロックもやってみなければ分からないカードばかりだ。戸上が2連覇を達成するか、それともそれを阻止し、初優勝を勝ち取る者が現れるか。すべてはインターハイ最終日の明日決まる。

2連覇の期待がかかる戸上。学校対抗の雪辱を果たしたい

戸上に分がいい曽根。準々決勝突破なるか?

全中王者のスーパールーキー谷垣も優勝候補の1人だ

1年生で初優勝を狙う篠塚。チャンスは大いにあるだろう


●男子シングルス準々決勝の組み合わせ
戸上隼輔(野田学園) - 曽根翔(愛工大名電)
加山裕(愛工大名電) - 谷垣佑真(愛工大名電)
阿部悠人(希望が丘) - 新名亮太(明徳義塾)
篠塚大登(愛工大名電) - 手塚凌馬(明徳義塾)

卓レポツイッターでも速報を配信。ぜひご覧ください!

南部九州総体2019速報ページ:http://kirokukensaku.net/0IH19/discipline_060_20190817.html

(取材=猪瀬健治)

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事