1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 全中 男子団体は愛工大名電が王座奪還

全中 男子団体は愛工大名電が王座奪還

令和元年8月20日〜23日、ウカルちゃんアリーナ(滋賀県立体育館/滋賀)にて第50回全国中学校卓球大会が開催中。
大会3日目は男女団体の優勝が決まった。男子は愛工大名電が野田学園を3対1で破り、愛工大名電が2年ぶりに王座を奪還した。

【男子団体決勝】愛工大名電が2年ぶりの王座奪還

愛工大名電が王座に返り咲いた


 愛工大名電(愛知) 3-1 野田学園(山口)
○鈴木颯 -7,4,7,9 徳田幹太
 萩原啓至 9,-5,-3,6,-8 飯村悠太○
○中村煌和/菅沼翔太 7,10,13 玉井嵩大/岩井田雄斗
○吉山僚一 7,6,8 芝拓人
 田尻要 - 木方圭介

 1回戦で昨年の優勝校、中間東と対戦するというドローを引いた愛工大名電。決勝でもおかしくないこの試合に3対1で勝利し、尾久八幡に3対0、明徳義塾に3対1と勝ち進み、2年ぶりに決勝の舞台に戻ってきた愛工大名電。
 対するは松戸第六、浜松修学舎に3対0、安田学園に3対1と初優勝に向けて勝ち上がってきた野田学園。奇しくもインターハイと同じカードとなった全中だが、結果的にはこちらでも愛工大名電に軍配が挙がった。
 2台進行で行われた1番は、巧みなサービスからの攻撃を得意とする鈴木が、ラリー戦を得意とする徳田に第1ゲームを奪われるも、落ち着いてサービス・レシーブで徳田を崩し、3ゲームを連取。
 2番は好ラリーの連続に会場が沸く見応えのある試合となった。両者とも中陣からでも威力のあるボールが両ハンドで打てるが、最後はパワーと勝負どころでの大胆さで優った飯村が打撃戦を制した。
 ダブルスは丁寧なプレーの愛工大名電ペアと攻撃力の高い野田学園ペアとの対戦となったが、第2ゲーム、第3ゲームのジュースを高い集中力で乗り切った愛工大名電ペアが連取。4番の吉山が堅実なプレーでストレートで先に試合を終えていたため、愛工大名電のダブルスの勝利で優勝が決まった。

鈴木はトップで徳田を破り愛工大が先制点

飯村は勝負どころでも臆さずに攻めきった

中村(左)と菅沼は台上から丁寧に攻めて競り合いを制した

吉山は高い攻撃力と安定感でストレート勝ち

愛工大名電が優勝を決めベンチも観客席も歓喜に沸いた

【男子団体準決勝】明徳義塾と安田学園が3位に

明徳義塾はバラエティーに富んだ選手をそろえ4強入り。写真は準決勝で萩原を破った横部

粒ぞろいのメンバーで3位に入った安田学園。写真は準決勝で得点した中田(右)/林のダブルス


 愛工大名電(愛知) 3-1 明徳義塾(高知)
 萩原啓至 -7,9,-6,6,-13 横部叶愛○
○鈴木颯 5,-7,7,9 藤元駿
○中村煌和/菅沼翔太 7,-10,4,6 吉本豊/加藤公輝
○吉山僚一 5,9,3 梅村友樹
 田尻要 - 斉藤秀太

 野田学園(山口) 3-1 安田学園
○徳田幹太 5,8,3 上村拓睦
 木方圭介 4,9,-9,-4,-8 丸山蒼葉○
○玉井嵩大/岩井田雄斗 6,-9,-7,4,8 中田祐希/林大貴
○飯村悠太 9,4,7 廣田元二朗
 芝拓人 - 杉本和祇

 3位には明徳義塾(高知)と安田学園(東京)が入った。
 明徳義塾は1回戦で実践学園(東京)との大接戦を制して、2回戦で花巻(岩手)をストレートで破りベスト4入り。
 ドローでシードを獲得した安田学園は、2回戦で明豊(大分)とのラストまでもつれる激戦を制して4強入りを果たした。

中間東は1回戦で愛工大名電と激突し高い壁に行く手を阻まれた。写真は名電から得点した磯村(左)/松井


 また、昨年の優勝校で選抜でも優勝していながら、1回戦で愛工大名電との対戦を余儀なくされた中間東は初戦敗退という悔しい結果に終わった。連覇を果たすためには倒さなければいけない相手だったとはいえ、初戦での対決はお互いにできれば避けたかったところだろう。


卓レポツイッターでも速報を配信。ぜひご覧ください!

第50回全国中学校卓球大会:https://www.zenchu-shiga-takkyu.jp/

(取材=佐藤孝弘)

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事