1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. その他の国際大会
  5. ワールドカップ団体戦2019東京 男子に続き日本女子も4強入り

ワールドカップ団体戦2019東京 男子に続き日本女子も4強入り

 2019年11月6〜10日まで、東京体育館(東京)でJA全農 ITTF卓球ワールドカップ団体戦2019TOKYOが開催。
 大会3日目は女子準々決勝4試合が行われ、中国、台湾に次いで、日本、韓国がベスト4に入った。

日本はルーマニアを撃破

平野/石川は序盤の悪い流れを断ち切って日本が先制

伊藤は落ち着いたプレーでスッチにストレート勝ち

石川は苦しみながらもモンテイロ・ドデアンから決勝点を挙げた

マッチポイントをしのぎ石川に肉薄したモンテイロ・ドデアン


●女子準々決勝
 日本 3-0 ルーマニア
◯平野/石川 -7,11,5,5 サマラ/モンテイロ・ドデアン
◯伊藤 10,7,6 スッチ
◯石川 8,-11,6,-10,6 モンテイロ・ドデアン
 平野 - スッチ
 伊藤 - サマラ

 連係のよいルーマニアのベテランペアを相手に、平野/石川は第1ゲームを奪われ、第2ゲームもリードを許す展開。日本ペアはコミュニケーションを取りながらコース取りを変えて、流れを変えると、第2ゲームを逆転し、続く2ゲームも日本ペアがエースを重ねて3対1とした。
 スッチとは久々の対戦となる伊藤は出足が鈍く、0対5とリードされるが、バック対バックからの展開で優位に立ち、スッチの粘り強さを出させないままにストレート勝ち。
 石川対ドデアンは、ラリーで互角の展開を見せたドデアンの好プレーに苦しめられる場面もあった石川だが、2対1とした第4ゲームで10-8とマッチポイントを握る。しかし、このゲームを逆転で落とす嫌な流れ。最終ゲームは序盤から高い集中力で臨んだ石川がバックハンドカウンターや果敢な回り込みを得点に結びつけ、ドデアンを退けた。

■石川佳純選手のコメント
「ドデアン選手とは10年ぶりくらいの対戦でした。すごくパワーがあって、サービスがうまく取れませんでした。途中からラリーもコースが分かってきたので、相手がストレートに打ってくるのを待ってカウンターするようにしました。自分が上手くいかない時はとりあえず入れてカウンターをするようにしたのがよかったと思います。
(メダルが獲得できて)とりあえずホッとしています。でもまだまだこれからです。今日は接戦を乗り越えられたことが、さらに自信になりました。今日のダブルスは出足でリードされて苦しかったので、明日は最初からエンジン全開で、リードされても落ち着いてできるようにしたいと思います」

韓国はカット王国ウクライナを撃破

ウクライナのカットペアは粘りきれずストレート負け

ペソツカのバックハンドドライブが唸った

徐孝元はペソツカの予測不能な攻守に苦しんだ

カット打ちに進境を見せた梁夏銀、ガポノワにストレート勝ち

4番、田志希が得意のフォアハンドでペソツカを退けた


●女子準々決勝
 韓国 3-1 ウクライナ
◯田志希/梁夏銀 6,8,9 ビレンコ/ガポノワ
 徐孝元 7,-8,10,-7,-6 ペソツカ◯
◯梁夏銀 6,4,5 ガポノワ
◯田志希 9,9,4 ペソツカ
 徐孝元 - ビレンコ

 カット主戦型のビレンコとガポノワのダブルスに対して、韓国ペアは安定重視のカット打ちでつなぎ、浮いたボールを厳しいコースに強打する戦術でストレート勝ち。
 2番は攻撃力もあるカットの徐孝元が有利かと思われたが、ツッツキ合いから突如振るバックハンドドライブがくせ者のペソツカが、1対2の後がない場面から思い切りのよいプレーで逆転勝利。威力抜群のバックハンドドライブで徐孝元のカットを打ち抜くことができる選手は他にはそういないだろう。
 勝負は長引くかと思われたが、梁夏銀はシングルスでも安定したカット打ちで変化カットのガポノワにストレート勝ち。
 フォアハンドで決めたい田志希と、バックハンドを振りたいペソツカの対戦はコース取りと動きのよさで田志希がストレートで勝利をもぎ取り、韓国の準決勝進出を決めた。

台湾が香港との激戦を制す

香港ペアが貴重な先制点

陳思羽は蘇慧音にストレート勝ち

杜凱琹は鄭先知とのゲームオールの接戦を制しラストにつないだ

両チームのベンチは立ち上がって応援

エース鄭怡静は全身を使ったフォアハンドで攻め切った


●女子準々決勝
 中華台北 3-2 香港
 鄭先知/陳思羽 -8,-8,6,-8 李皓晴/蘇慧音◯
◯鄭怡静 -7,6,10,3 杜凱琹
◯陳思羽 10,10,9 蘇慧音
 鄭先知 -5,-8,7,10,-9 杜凱琹◯
◯鄭怡静 -9,8,8,7 李皓晴

 1番のダブルスを取った香港だが、続くエース対決、2番手対決を落とす苦しい展開。香港のエース杜凱琹は2対0から鄭先知に猛追を受けるが辛くも逃げ切りラストにつなぐ。
 中華台北エースの鄭怡静は中陣からでも打ち負けないダイナミックなフォアハンドドライブを武器に得点を重ね、前陣でプレーする李皓晴を退け、チームを勝利に導いた。

台湾が香港との激戦を制す

アメリカペアはカウンターに勝機を見出したが及ばず

次代のエース候補・孫穎莎、さすがにここでは負けられない


● 中国 3-0 アメリカ
◯陳夢/孫穎莎 10,10,7 エイミー・ワン/リリー・チャン
◯劉詩雯 3,8,4 ウー・ユエ
◯孫穎莎 -8,8,5,5 リリー・チャン
 陳夢 - ウー・ユエ
 劉詩雯 - エイミー・ワン

 ダブルスで意外にも苦戦を強いられた中国ペア。アメリカペアはカウンター狙いの戦術がはまるも、あと1点を取らせてもらえずにストレート負け。
 3番のリリー・チャンは序盤からバック対バックで孫穎莎に勝負を挑み、リスキーな攻めで第1ゲームを先制。次第に攻撃力で大きく優る孫穎莎がペースを取り戻し始めると、実力差を感じさせる内容で圧倒。アメリカは善戦したと言えるが、それでも中国は1ゲームを落とすにとどまった。

ITTF(国際卓球連盟):http://ittf.com/
大会特設サイト:http://www.japantabletennis.com/2019twc/

(取材=佐藤孝弘)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事