1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. その他の国際大会
  5. ワールドカップ団体戦2019東京 韓国男子が決勝へ

ワールドカップ団体戦2019東京 韓国男子が決勝へ

 2019年11月6〜10日まで、東京体育館(東京)でJA全農 ITTF卓球ワールドカップ団体戦2019TOKYOが開催。
 大会4日目は男女準決勝が行われる。男子の韓国対中華台北は韓国が3対0で決勝進出を決めた。

韓国が中華台北を完封

序盤は大きなラリーで流れをつかんだ中華台北ペアだったが......

林昀儒は息詰まるサービス合戦に敗れる

エース対決で経験の差を見せた張禹珍

鄭榮植が決勝点を挙げて韓国が決勝へ


●男子準決勝‬
 ‪韓国 3-0 中華台北‬
‪○李尚洙/鄭榮植 -4,-11,7,7,9 陳建安/廖振珽
‪○張禹珍 9,-5,13,8 林昀儒
‬○鄭榮植 2,7,9 廖振珽
‪ 林昀儒 - 李尚洙‬
‪ 陳建安 - 張禹珍‬

 立ち上がり、右左ペアの両者のフォアハンドでラリーを支配した台湾ペアが2対0とリード。このまま攻めきるかと思われたが、韓国ペアは得意のチキータレシーブを封印し、ストップレシーブからの小さな展開でラリーをスタート。甘いボールを攻めて先手を取る戦術がはまり、韓国ペアが逆転。大胆な戦術転換とそれを可能にする技術の幅の勝利と言えるだろう。

 2番、注目のエース対決はサービスを持った側が主導権を握る展開に。ロングサービスを得意とする両者がお互いに的を絞らせずに一進一退の攻防。勝負の分かれ目となったのは、1対1からの第3ゲームで10-8とリードした林昀儒がゲームポイントを2連続、レシーブミスで落とし、ジュースで初めてYGのロングサービスを見せた張禹珍がこのゲームを逆転で奪うと、第4ゲームは持ち前のパワフルなフォアハンドで先に攻め込み林昀儒を圧倒。林昀儒のテクニックをパワーで制した。

 鄭榮植は、廖振珽の両ハンドのドライブ攻撃に対して前陣カウンターで対応。実力と経験の差を見せてストレートで圧倒した。
 韓国は接戦が予想された中華台北戦をストレート勝ちで制し決勝進出を決めた。

ITTF(国際卓球連盟):http://ittf.com/
大会特設サイト:http://www.japantabletennis.com/2019twc/

(取材=佐藤孝弘)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事