1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. その他の国際大会
  5. ワールドカップ団体戦2019東京 中国女子が決勝へ

ワールドカップ団体戦2019東京 中国女子が決勝へ

 2019年11月6〜10日まで、東京体育館(東京)でJA全農 ITTF卓球ワールドカップ団体戦2019TOKYOが開催。
 大会4日目は男女準決勝が行われる。女子の準決勝第1試合は中国が中華台北にストレート勝ちを収め決勝進出を決めた。

中国が中華台北にストレート勝ち

もはやレジェンド的存在のダブルス丁寧/劉詩雯はストレート勝ち

陳夢、攻撃力の高い鄭怡静に対して懐の深さを見せた

鄭怡静は陳夢戦ではチャンスもあったが崩しきれず

ラリー戦で強さを発揮した陳思羽。丁寧を攻略しかけたが......

腰を痛めたか、丁寧は途中から守勢に回ったがそれでも勝ちきった


●女子準決勝‬
 中国 3-0 中華台北
○劉詩雯/丁寧 2,9,9 鄭先知/陳思羽
○陳夢 -10,9,8,8 鄭怡静
○丁寧 3,-12,10,4 陳思羽
 劉詩雯 - 鄭怡静
 陳夢 - 鄭先知‬

 完全勝利とは言いがたい内容だったが、それでもきっちり3対0で勝ったのはさすが中国というところだろう。
 中国は若手の孫穎莎をベンチに入れて、丁寧、劉詩雯、陳夢というベストメンバーで臨んだ。このメンバーを崩すのはかなり難しいが、好調の鄭怡静は陳夢から1ゲーム目を選手。バック対バックで先に強打を放ちチャンスメーク。リスキーな攻めが奏功して第2ゲームもリードする展開。しかし、ラリーになるとミスが出ない陳夢が優勢に。決定力のある鄭怡静の一発だが、1本止めてラリーにすれば陳夢という流れで、続く3ゲームを連取。苦戦はしたものの、3対1で2点目を挙げた。
 中華台北2番手の陳思羽も丁寧に食い下がった。ラリー戦では世界一の強さを誇る丁寧を相手に一歩も引かずに両ハンドドライブを畳みかけ、ゲームを奪う。丁寧は故障のためか、動きが落ちるが、逆に守勢に回った丁寧を陳思羽が攻め切れずにチャンスを逃した。

ITTF(国際卓球連盟):http://ittf.com/
大会特設サイト:http://www.japantabletennis.com/2019twc/

(取材=佐藤孝弘)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事