1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界ジュニア
  4. 2019タイ
  5. 2019年世界ジュニア 日本男子、中国に肉薄も準決勝で撃沈

2019年世界ジュニア 日本男子、中国に肉薄も準決勝で撃沈

世界ジュニア卓球選手権タイ大会が、コラート(タイ)のターミナル21で11月24日より開幕した。大会3日目は男女団体の5-8位、9-16位決定戦に続き、21時から男子団体準決勝、日本対中国、台湾対フランスが行われ、日本は中国を追い詰めながらも惜敗、台湾はフランスをストレートでくだした。

日本、崩しかけた高い壁、中国を越えられず

宇田はすきのないプレーで向鵬を圧倒

日本に流れを引き寄せた

宇田に続きたかった戸上だが2対0から逆転を許す

曽根は会心のプレーで劉夜泊を撃破

日本は2対1と再びリード

エース徐瑛彬、苦しみながらも2点を挙げてこのガッツポーズ

日本ベンチはラストの戸上を総力をあげて応援

しかし、一歩及ばず。勝利を決めた向鵬は安堵の表情。ガッツポーズはなし


<男子団体準決勝>
 中国 3−2 日本
 向鵬 −8、-6、5、-7 宇田○
○徐瑛彬 −6、-8、9、8、7 戸上
 劉夜泊 -7,-12,9,-8 曽根○
○徐瑛彬 -8,5,9,-7,11 宇田
○向鵬 11,11,-9,-9,9 戸上

 今大会随一の大熱戦となった日本対中国。口火を切ったのは昨年の世界ジュニア、男子シングルス準々決勝で破っている向鵬と宇田との対戦。序盤から宇田は中国に対する気後れを全く感じさせない相手を飲み込むようなスケールの大きいプレーで圧倒。打ち合いに強い向鵬に反撃の隙を与えない質の高い攻撃の連続で、宇田が3対1とし、先制。

 これに続きたい戸上も、持ち前の切れ味鋭い両ハンドドライブを中国のエース徐瑛彬に対して浴びせ、2対0とリード。しかし、ここから徐瑛彬が緩いボールを混ぜるなど、イケイケの戸上の調子を狂わせるような巧みなプレーで挽回。最終ゲームは徐瑛彬のリードに戸上が追いつきジュースとしたが、攻め切れずに戸上は惜敗。

 しかし、日本の猛攻はここで終わりではない。7月に行われたジュニアサーキット・中国オープンの決勝で、劉夜泊を破り優勝している曽根が、ここで再戦。オーダーは大当たりだ。だが、当たったのはオーダーだけではない。相手の力強い攻撃に対しても、長身の曽根が、上から叩きつけるようなカウンターを連発して、劉夜泊にチャンスを与えない。曽根は荒っぽいかに見える両ハンドもボールは相手コートに突き刺さるように入り、3対1で快勝。再び日本がリード。そして、王手をかけた。

 ここで再び宇田。相手は昨年の世界ジュニア準決勝で勝っている徐瑛彬。苦手意識は全くない。しかし、宇田の好プレーが続くと、徐瑛彬はチキータしにくいロングサービスやフォアサイドを切る短いサービスなどで崩し、勢いに乗らせない。4ゲーム目、5−7とリードを許した後がない場面で日本がタイムアウト。ここから怒涛の6連続得点で勝負は最終ゲームに。無理をしない徐瑛彬が10−7とリードするも、ここでも宇田が集中力の高いプレーで追いつきジュースに。しかし、チキータに拘った宇田にミスが出ると、好機を逃さず徐瑛彬が逃げ切った。

 もちろん、これで終わりではない。向鵬には昨年の世界ジュニアで2度負けている戸上だが、今年の2月に行われたチャレンジプラス・ポルトガルオープンの決勝でリベンジを果たしているのだ。戸上は好プレーは見せるものの、大事な1点が取れず、向鵬が先取。第2ゲームは戸上の大幅リードで進むが、向鵬の追い上げを振り切れずに逆転を許す。後がなくなった戸上は、集中力を切らさずに2ゲームを返す。3時間を超える大熱戦は後1ゲームで終わる。打ち合いに強い両者の息を飲む好ラリーでの点の取り合いは、ミスがわずかに少なかった向鵬がリード。10−7とマッチポイントを握った向鵬を戸上が10−9まで追い上げたが、戸上のフォアハンドがオーバーし、激戦は幕を閉じた。

 何度、日本の勝利を確信しかけただろうか。そして、これほどまでに中国が肝を冷やした日本戦もこれまでなかったのではないだろうか。チャンスが何度もあっただけに、悔やまれる敗戦ではあるが、選手たちが大幅な成長を遂げていることだけは誰の目にも明らかだろう。大会はまだ前半。選手たちには残りのタイトルを全てとるくらいのつもりでプレーしてほしいと願っている。

中華台北がフランスを破り決勝へ

台湾の馮天薇は打ち合いで強さを発揮した

<男子団体準決勝>
 中華台北 3-0 フランス
◯戴茗葦 9,-9,-10,8,7 ピカール
◯馮翊新 9,-7,10,8 バルデ
◯黄彦誠 -6,6,-7,8,9 ルブラン
 馮翊新 - ピカール
 戴茗葦 - バルデ


 台湾は、同世代に林昀儒というスーパースターがいるせいか、レベルが底上げされている印象。アグレッシブな台上プレー、ラリー戦での強さは特筆ものだ。大きなラリーに強いフランス勢をもしのぐ、スピードとフットワークが、中国にどこまで通じるのか、明日の決勝では持てる力全てを発揮してほしい。


卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo/

詳細な記録等は下記リンクでご確認ください。
大会公式サイト(英語):https://www.wjttc2019.com/
公益財団法人 日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):https://www.ittf.com/tournament/5057/2019/world-junior-table-tennis-championships/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事