1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界ジュニア
  4. 2019タイ
  5. 2019年世界ジュニア 男子団体も中国が3連覇

2019年世界ジュニア 男子団体も中国が3連覇

世界ジュニア卓球選手権タイ大会が、コラート(タイ)のターミナル21で11月24日より開幕した。大会4日目はいよいよ男女団体の決勝が行われた。男子は中華台北が第1回世界ジュニア大会以来、2度目の決勝進出を果たしたが、中国の壁を越えるには至らなかった。

中国が中華台北を完封し3連覇

今日はナーバスになることなく思い切ってプレーした向鵬

馮翊新は時折鮮やかなカウンターを見せたが及ばず

迷いのないプレーで気持ちよく振り切っていた徐瑛彬が2点目

3番、黄彦誠も鋭い両ハンドで劉夜泊に対抗したが

準決勝で敗れた劉夜泊もアグレッシブにプレー。完全に中国ペースで試合は進んだ

1ゲームも落とさずに中国が完勝。決勝としては物足りない内容となった


<男子団体決勝>
 中国 3-0 中華台北
○向鵬 9,8,7 馮翊新
○徐瑛彬 7,7,7 戴茗葦
○劉夜泊 6,7,9 黄彦誠
 徐瑛彬 - 馮翊新
 向鵬 - 戴茗葦


 実力的に準決勝の日本対中国が事実上の決勝だったとはいえ、決勝としてはもう少し見応えのある試合を期待していたが、結果は中国が1ゲームも落とすことなく完勝という結果に終わった。
 中国は3選手とも、息詰まるような昨日の日本戦と比べて、解放されたように伸び伸びとプレー。特に、準決勝では全く振るわなかった向鵬の両ハンド、また、徐瑛彬の迷いのない回り込みフォアハンドなど、各々の持ち味を存分に生かす内容で勝利を挙げた。
 中華台北のプレーも悪くはなかったかもしれないが、やはり、決勝で中国を破る準備ができていたとは言い難い。とはいえ、大エース林昀儒抜きで決勝まで勝ち上がった実力は本物だろう。林昀儒に触発されてか、センスフルなプレーをする選手が育ってきているのでこれからが楽しみなチームだ。

卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo/

詳細な記録等は下記リンクでご確認ください。
大会公式サイト(英語):https://www.wjttc2019.com/
公益財団法人 日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):https://www.ittf.com/tournament/5057/2019/world-junior-table-tennis-championships/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事