1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界ジュニア
  4. 2019タイ
  5. 2019年世界ジュニア 女子単決勝は長﨑対小塩の日本対決に

2019年世界ジュニア 女子単決勝は長﨑対小塩の日本対決に

世界ジュニア卓球選手権タイ大会が、コラート(タイ)のターミナル21で11月24日より開幕した。大会最終日は女子シングルス準決勝、決勝が行われる。準決勝では呉洋晨を破った長﨑とキム・ウンソンを破った小塩が決勝進出を決めた。

長﨑は今日も我慢のプレーを貫き決勝へ

打ち合いには強い呉洋晨だが、打たされるとミスが出た

促進ルールで攻守のメリハリのきいたプレーを見せた小塩

キム・ウンソンは攻撃の時にやや焦りが見えた

<女子シングルス準決勝>
長﨑美柚(日本) -10,1,11,6,-7,7 呉洋晨(中国)
小塩遥菜(日本)6,8,9,-8,8 キム・ウンソン(北朝鮮)

 長﨑は昨日の準々決勝、陳熠戦につづき我慢のプレーを貫いた。裏面バックハンドがうまく、回転量の多いバックハンドを軸に攻める呉洋晨に対して、長﨑は決して自分から強打で攻めず、ストップ対ストップからループドライブ、先に仕掛けられても強くカウンターはしないという徹底ぶりで強打に強い呉洋晨に自分のプレーをさせなかった。

 小塩対キム・ウンソンのカット対決は1ゲーム目から促進ルールが適用された。サービスを持つとやや前がかりになって攻めるキム・ウンソンに対して、小塩はサービスを持った時は横回転のカットやツッツキを送って浮いたボールを攻め、レシーブの時は徹底的に守り抜くシンプルな戦術で戦い抜いた。第4ゲームは勝ちを意識したか、スマッシュにミスが出たが、第5ゲームは自分のプレーを取り戻して、4対1でキム・ウンソンをくだし決勝進出を決めた。

 日本選手の同士打ち対決は世界ジュニアでは初めてのこと。エリートアカデミーの同士でもある2人の対決はどのような展開になるのか。手の内を知られるとカット主戦型が不利というのが定説だが、小塩の意外性のあるプレーにも期待したい。

卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo/

詳細な記録等は下記リンクでご確認ください。
大会公式サイト(英語):https://www.wjttc2019.com/
公益財団法人 日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):https://www.ittf.com/tournament/5057/2019/world-junior-table-tennis-championships/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事