1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界ジュニア
  4. 2019タイ
  5. 2019年世界ジュニア 男子単決勝は向鵬対モーレゴード。戸上は3位

2019年世界ジュニア 男子単決勝は向鵬対モーレゴード。戸上は3位

世界ジュニア卓球選手権タイ大会が、コラート(タイ)のターミナル21で11月24日より開幕した。大会最終日は女子シングルス準決勝、決勝が行われる。準決勝では2大会前のファイナリスト、モーレゴードが馮翊新を破り再び決勝へ。一方の向鵬対戸上は戸上が接戦を物にできずに敗れ、向鵬が決勝進出を決めた。

戸上のプレーも決して悪くなかったが、競った場面でのあと1点が遠かった

打ち合いに強い両者だが、この試合では向鵬のフォアハンドに分があった

何をしてくるかわからないモーレゴードが試合の主導権を握った

馮翊新は自分のペースに持ち込ませてもらえなかった

<男子シングルス準決勝>
向鵬(中国) 12,10,11,-10,9 戸上隼輔(日本)
モーレゴード(スウェーデン)7,10,7,9 馮翊新(中華台北)

 3回戦で徐瑛彬を破った戸上が、昨年のシングルスで敗れ、団体戦でも惜敗を喫した向鵬と再戦。打ち合いでは互角以上の展開を見せるも、第1、第2、第3ゲームで、ゲームポイントを握りながらもジュースで落とすという非常に苦しい流れ。第4ゲームは開き直ったか、鋭い攻めで先手をとった戸上がジュースを取ったが、最終ゲームは戸上が5−9から追い上げるも向鵬の堅実でミスのないフォアハンドで向鵬が逃げ切った。

 モーレゴードは癖のない馮翊新をはぐらかすようなプレーでストレート勝ち。下がっても威力のある両ハンドを見せるなど、多彩なオールラウンドプレーで、カウンターがうまく打ち合いに強い馮翊新とがっぷり組み合わない旨さを見せた。

卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo/

詳細な記録等は下記リンクでご確認ください。
大会公式サイト(英語):https://www.wjttc2019.com/
公益財団法人 日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):https://www.ittf.com/tournament/5057/2019/world-junior-table-tennis-championships/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事