1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 ジュニア女子は、出澤、大藤、張本らが4回戦へ

2020年全日本卓球 ジュニア女子は、出澤、大藤、張本らが4回戦へ

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会2日目はジュニア女子3回戦が行われ、スーパーシード勢が続々登場した。

第1シードの出澤は変化速攻で二連覇を狙う

昨年決勝で破れたリベンジを狙う第2シードの大藤

ここまでラケットを振り上げる小塩遥菜のツッツキは対戦相手にとって脅威

木原は正確無比な速攻で優勝を目指す

4回戦進出の張本。4回戦では小塩のカットにどこまで迫れるか注目だ

ペンありシェークありの規格外なプレーを見せた小塩悠菜

 
 昨年覇者で第1シードの出澤杏佳(大成女子高)は相澤琴美(聖和学園高)に快勝。バック面ツブ高ラバー、フォア面表ソフトラバーという特異な戦型の出澤は、周りの対策をどこまで上回れるのか。明日以降の戦いぶりに注目だ。

 第2シードの大藤沙月(ミキハウスJSC)も阿部紗弓(済美高)にストレートで快勝し、上々の滑り出し。昨年は決勝で出澤に破れているだけに、是が非でもリベンジしたいところだろう。

 世界ジュニア2位の小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)は三村実来(芦屋学園中)を寄せ付けず、順当に4回戦へ。強烈な変化をつける小塩のツッツキとカットを打ち崩すのは、ジュニアの選手にとっては至難の業だろう。

 昨年の女子シングルス2位の木原美悠(JOCエリートアカデミーも髙橋紬夢(遊学館高)にストレートで完勝。正確無比な両ハンドからの速攻と、試合中の落ち着いた所作はジュニアの域を越えている。

 注目の11歳、張本美和(木下グループ)は、立川朋佳(進徳女子高)の変化サービスからのスマッシュに苦しむも、要所で得点を許さず、ストレート勝利で4回戦進出。4回戦では優勝候補の一角、小塩遥菜と対戦するが、小塩の強烈なカットをどこまで打ち崩せるのか注目したい。

 また、張本と同じく11歳の小塩悠菜(石田卓球クラブ)は、村上宝(香ヶ丘リベルテ高)に破れて4回戦進出ならず。しかし、独特なグリップからの裏面強打やシェークに持ち替えてのカットレシーブなどを次々と繰り出す破天荒なスタイルは、これから先、どこまで伸びるのか、またどんな風に伸びるのか予測不能のポテンシャルを感じさせる。

 そのほか、スーパーシード勢では、相馬夢乃(遊学館高)が花井可奈(武蔵野中高)にゲームオールで破れる波乱があった。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事