1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 ジュニア男子は、谷垣、篠塚、松島らが4回戦へ

2020年全日本卓球 ジュニア男子は、谷垣、篠塚、松島らが4回戦へ

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会2日目はジュニア男子2~3回戦が行われ、スーパーシード勢が続々登場した。

第1シードの谷垣はしなやかな両ハンドで優勝を狙う

見事なボールタッチと読みのよさが魅力の篠塚

松島は打球点の早い両ハンドでどこまで駆け上がれるか

打ち合いに強さを見せ、14歳以下カデット王者の中村を下した小松

スーパーシードの今泉を下した大島。ぶん回すバックハンドが魅力

今泉は大島の豪打に涙をのんだ

なめらかな両ハンドで高校生を連破した小学6年生の吉山

 
 第1シードの谷垣佑真(愛工大名電高)は、勝又優哉(浜松修学舎高)にストレートで勝利し、4回戦へ。持ち味であるしなやかな両ハンドドライブは健在で、調子は上々のようだ。

 昨年のインターハイ2位の篠塚大登(愛工大名電高)も東山莉久(東京学館浦安高)を寄せ付けずに快勝。柔らかいボールタッチと予測のよさで初優勝を目指す。

 注目の松島輝空(木下グループ)は打球点の早い両ハンド攻撃で小山内颯汰(弘前実業高)に快勝し、4回戦へ。昨年のベスト8を上回る成績を残せるのか、要注目だ。

 昨年の14歳以下カデット王者の中村煌和(愛工大名電中)は小松隼大(鶴岡東高)にフルゲームまで迫るも、要所で出た打ちミスが響き、力つきた。
 
 スーパーシード勢では、昨年ベスト8の今泉蓮(野田学園高) が大島史也(愛工大名電高)にゲームオール9本で破れた。

 そのほか、松島と同じ小学6年生の吉山和希(TC中原)は高校生を連破して3回戦まで勝ち進むも、中村和覇(明豊高)のパワーに破れた。4回戦進出はならなかったが、変化や長さの分かりにくいサービスからの打球点の早い両ハンドは将来性十分だ。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事