1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 混合ダブルスは、森薗/伊藤、張本/長﨑らが順当にベスト8入り

2020年全日本卓球 混合ダブルスは、森薗/伊藤、張本/長﨑らが順当にベスト8入り

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会2日目は混合ダブルスの3~4回戦が行われ、ベスト8が出そろった。

三連覇を狙う森薗(左)/伊藤

3回戦で辛勝した張本(左)/長﨑。さらにギアを上げて行けるか

昨年3位の上村(右)/阿部もベスト8へ

豪打が持ち味の松山(右)/平野。当たればワンチャンスある

渡井(左)/小道野はゲームオールの接戦を制して準々決勝進出

●混合ダブルス4回戦の結果
森薗政崇/伊藤美誠(BOBSON/スターツ) 3,6,9 大澤祐貴/川北帆香(埼玉工業大/正智深谷高)

硴塚将人/森田彩音(早稲田大/中央大) 8,6,-7,8 立藤颯馬/岩田明峰(明治大/朝日大)

軽部隆介/松本優希(鹿児島相互信用金庫/サンリツ) 13,10,-4,5 伊丹雄飛/瀬山咲希(中央大)

渡井丈人士/小道野結(駒澤大/デンソー) -7,2,8,-5,8 鹿屋良平/古川聖奈(リコー/トプコン)

上村慶哉/阿部愛莉(シチズン時計・東京/デンソー) 7,7,7 滝澤拓真/坂本直子(岡谷市役所/スギムラ精工)

松山祐季/平野容子(愛知工業大/豊田自動織機) 9,-9,9,6 上村太陽/木村香純(専修大)

松下大星/梅村優香(クローバー歯科カスピッズ/中央大) 7,9,-4,8 中林滉貴/宋恵佳(原田
鋼業/中国電力)

張本智和/長﨑美柚(木下グループ・神奈川/JOCエリートアカデミー/大原学園) 5,6,7 時吉佑一/小林光優(流山アストロズ/木更津総合高)


 第1シードで優勝候補筆頭の森薗政崇/伊藤美誠(BOBSON/スターツ)は、3回戦で中村廉/庄司有貴(原田鋼業/中国電力)に2対0リードから追いつかれる苦しい展開。しかし、ここを切り抜けると、4回戦では大澤祐貴/川北帆香(埼玉工業大/正智深谷高)にストレートで勝利し、順当にベスト8に勝ち上がった。まだ慣らし運転といった感があるが、二連覇中の王者ペアはここからギアを上げてくるだろう。

 森薗/伊藤の対抗馬・張本智和/長﨑美柚(木下グループ・神奈川/JOCエリートアカデミー/大原学園)も3回戦で大西尚弥/小脇瑞穂(関西学院大)に大苦戦。得意のチキータを狙われてゲームオールに持ち込まれ、ヒヤリとさせられたが、ここをしのぐと4回戦では時吉佑一/小林光優(流山アストロズ/木更津総合高)にストレートで勝利し、ベスト8入り。優勝を果たすためには、さらに調子を上げていきたいところだ。

 昨年3位の上村慶哉/阿部愛莉(シチズン時計・東京/デンソー)もベスト8に勝ち上がった。阿部の変化速攻と上村の高いラリー力のペアリングで初優勝を目指す。

 松山祐季/平野容子(愛知工業大/豊田自動織機)は、3回戦で出雲卓斗/出雲美空(明治大/遊学館高)の兄妹ペアとの打ち合いを制し、その勢いに乗ってベスト8入り。両者とも強打が持ち味なだけに、乗れば面白いペアだ。

 そのほか、硴塚将人/森田彩音(早稲田大/中央大)、軽部隆介/松本優希(鹿児島相互信用金庫/サンリツ)、渡井丈人士/小道野結(駒澤大/デンソー)、松下大星/梅村優香(クローバー歯科カスピッズ/中央大)らがベスト8へ名乗りを上げた。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事