1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 混合ダブルスはベスト4が出そろう

2020年全日本卓球 混合ダブルスはベスト4が出そろう

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会3日目は混合ダブルスの準々決勝が行われ、ベスト4が決定した。

森薗(左)/伊藤は薄氷を踏むような勝利にこの表情

硴塚(左)/森田は王者ペアをあと一歩まで追いつめた

1ゲームを落とすも、要所をきっちり締めた張本(右)/長﨑

軽部(後ろ)のテクニックと松本の確実性が噛み合い、表彰台

上村(左)/阿部は、松山/平野とのゲームオールの打ち合いを制す

●混合ダブルス準々決勝の結果
森薗政崇/伊藤美誠(BOBSON/スターツ) -13,7,-7,3,7 硴塚将人/森田彩音(早稲田大/中央大)

軽部隆介/松本優希(鹿児島相互信用金庫/サンリツ) -4,9,6,-10,5 渡井丈人士/小道野結(駒澤大/デンソー)

上村慶哉/阿部愛莉(シチズン時計/デンソー) -6,9,-3,4,8 松山祐季/平野容子(愛知工業大/豊田自動織機)

張本智和/長﨑美柚(木下グループ/JOCエリートアカデミー/大原学園) 9,5,-5,7 松下大星/梅村優香(クローバー歯科カスピッズ/中央大)

●明日(1月16日)10:35から行われる準決勝の組み合わせ
森薗政崇/伊藤美誠(BOBSON/スターツ) ー 軽部隆介/松本優希(鹿児島相互信用金庫/サンリツ)

上村慶哉/阿部愛莉(シチズン時計/デンソー) ー 張本智和/長﨑美柚(木下グループ/JOCエリートアカデミー/大原学園)

 
 森薗/伊藤は3回戦に続き、ゲームオールの大苦戦。硴塚の思い切りのいいカウンターと森田のていねいな両ハンドに最終ゲームも序盤リードを許すが、中盤から気を引き締め直し、逆転で勝利をたぐりよせた。まさに薄氷を踏む勝利だったが、森薗/伊藤の調子よりも、王者ペアを追いつめた硴塚/森田のアグレッシブかつていねいなプレーを褒めるべきだろう。

 張本/長﨑は、松下/梅村に1ゲームを奪われたが、要所で鋭い攻撃を決め、危なげなく準決勝進出を決めた。

 軽部/松本は、軽部がベテランらしい多彩なテクニックで切り込み、松本が堅実なプレーでつなぐ連係で、渡井/小道野をゲームオールで振り切って準決勝進出。

 上村/阿部も、松山/平野とゲームオールの打撃戦になったが、阿部のバック面の異質ラバーによってラリーのリズムに変化をつけられる上村/阿部がわずかに上回り、昨年に続いて表彰台を決めた。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事