1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 ジュニア男子は第1シードの谷垣、注目の松島らがベスト8へ

2020年全日本卓球 ジュニア男子は第1シードの谷垣、注目の松島らがベスト8へ

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会3日目はジュニア男子の4〜5回戦が行われ、ベスト8が決定した。

ここまで、隙のない両ハンド攻守を見せている谷垣

手塚は得意のスマッシュで実力者・伊藤にストレート勝ち

長身から繰り出す山本の両ハンドは切れ味抜群

大人びた両ハンドで本命の篠塚に完勝した吉山

後輩によもやのストレート負けで肩を落とす篠塚

松島は強化したフォアハンドでさらに上位を目指す

強打者・曽根。明日は松島と対戦する

鈴木は巧みなコース取りでインターハイ3位の新名を下す

第2シードの強打者・横谷。虎視眈々と優勝を狙う

●ジュニア男子5回戦の結果
谷垣佑真(愛工大名電高) 3,10,10 萩原啓至(愛工大名電中)
手塚崚馬(明徳義塾) 10,4,9 伊藤礼博(安田学園高)
山本歩(出雲北陵) 5,5,6 大島史也(愛工大名電高)
吉山僚一(愛工大名電中) 7,4,11 篠塚大登(愛工大名電高)
松島輝空(木下グループ) 9,7,-9,6 小林広夢(愛工大名電高)
曽根翔(愛工大名電高) 11,-10,9,4 後藤世羽(静岡学園高)
鈴木颯(愛工大名電中) 7,8,10 新名亮太(明徳義塾)
横谷晟(愛工大名電高) 7,8,6 道廣晴貴(石田卓球クラブ)

●明日(1月16日)10:00から行われる準々決勝の組み合わせ
谷垣佑真(愛工大名電高) ー 手塚崚馬(明徳義塾)
山本歩(出雲北陵) ー 吉山僚一(愛工大名電中)
松島輝空(木下グループ) ー 曽根翔(愛工大名電高)
鈴木颯(愛工大名電中) ー 横谷晟(愛工大名電高)

 
 ジュニア男子は、谷垣、横谷、曽根らシード勢が順当に勝ち残る一方、本命視されていた篠塚が後輩の吉山にストレートで破れる波乱があった。
 吉山は、チキータやバックハンドドライブで篠塚のフォアを鋭く攻めて台から下げ、終始ペースを握ってストレート勝利。吉山の台上や両ハンドのクオリティの高さは、先輩の高校生たちにも全く引けをとっていない。明日は平成29年度の張本智和以来となる中学生でのジュニア男子制覇を目指す。

 また、注目の小学6年生・松島も昨年に続いてベスト8に入った。「強化してきた」というフォアハンドで、強打者の小林に打ち勝っただけに、明日の準々決勝では豪打を誇る曽根にどこまで迫れるか注目だ。

 今大会では、愛工大名電勢がベスト8に5名、ベスト16まで広げれば9名と、上位の実に半数以上を占めている。このデータが示す通り、愛工大名電勢の中から優勝者が出るのか。それとも、愛工大名電以外のチャンピオンが誕生するのか。
 明日(1月16日)の12時15分から始まるジュニア男子決勝を楽しみにしたい。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事