1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 ジュニア女子は大藤、小塩らがベスト8へ。出澤、木原が敗れる波乱

2020年全日本卓球 ジュニア女子は大藤、小塩らがベスト8へ。出澤、木原が敗れる波乱

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会3日目はジュニア女子の4〜5回戦が行われ、ベスト8が決定した。

パワフルな攻撃で出澤を下した本井を倒し、ベスト8入りした麻生

小塩は強烈なツッツキとカットでタイトルを狙う

優勝候補の木原をストレートで下した菅澤

木原は菅澤の粘り強い両ハンドに屈す

赤江との打撃戦に打ち勝った杉田

ここまで3試合全てストレート勝ちの大藤。優勝なるか

5回戦で麻生に破れたが、4回戦で第1シードの出澤を下した本井

出澤は本井の徹底したフォア攻めに対し、打開策を見出せず

●ジュニア女子5回戦の結果
麻生麗名(香ヶ丘リベルテ高) 8,7,9 本井明梨(四天王寺高)
小塩遥菜(JOCエリートアカデミー) -9,13,6,9 原田夏鈴(横浜隼人高)
横井咲桜(ミキハウスJSC) 10,-10,8,6 中森帆南(四天王寺高)
村上宝(香ヶ丘リベルテ高) -13,14,8,9 東川陽菜(貝塚第二中)
菅澤柚花里(四天王寺高) 10,7,9 木原美悠(JOCエリートアカデミー)
杉田陽南(香ヶ丘リベルテ高) 4,-8,3,8 赤江夏星(貝塚第二中)
川北帆香(正智深谷高) 10,-5,8,9 大川真実(四天王寺高)
大藤沙月(ミキハウスJSC) 7,3,6 髙橋あかり(四天王寺高)

●明日(1月16日)10:00から行われる準々決勝の組み合わせ
麻生麗名(香ヶ丘リベルテ高) ー 小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)
横井咲桜(ミキハウスJSC) ー 村上宝(香ヶ丘リベルテ高)
菅澤柚花里(四天王寺高) ー 杉田陽南(香ヶ丘リベルテ高)
川北帆香(正智深谷高) ー 大藤沙月(ミキハウスJSC)

 
 第2シードの大藤、世界ジュニア2位の実績を持つ小塩ら実力者が順当に勝ち上がる一方、第1シードの出澤杏佳(大成女子)が4回戦で、昨年女子シングルス2位の木原が5回戦で破れる波乱が起きた。

 昨年優勝の出澤はジュニア女子4回戦で本井に破れた。初戦となる3回戦を快勝し、好調ぶりを見せていた出澤だったが、本井の執拗なフォア攻めに最後までペースをつかめず、ストレートで破れた。

 木原は、菅澤のしゃがみ込みサービスからの両ハンドの前にストレート負け。得意の前陣速攻を菅澤に前中陣で粘り強く返され、打つ手がなくなってしまった。

 出澤、木原らがやぶれ、優勝戦線が混沌としてきたジュニア女子。大藤、小塩が一歩リードの感はあるが、ベスト8の中から誰が頂点に立ってもおかしくないだろう。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事