1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 元全日本王者が斬る!渋谷浩の眼〜ジュニア女子決勝〜

元全日本王者が斬る!渋谷浩の眼
〜ジュニア女子決勝〜

 令和最初の全日本、2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催中。
 卓球レポートでは会場に足を運んだ元全日本王者の渋谷浩が、その鋭い眼で選手たちの戦いぶりを評する。まずは、ジュニア女子決勝からお届けしよう。

決勝で見事なカット攻略を見せた大藤。中学生にしてジュニア女王に輝いた

<ジュニア女子決勝>
大藤沙月(ミキハウスJSC) 8、2、11 小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)

 大藤がカット主戦型の小塩をうまく攻めました。見事なカット攻略でしたね。小塩のミドルに回転量の少ないボールをつないで、オープニングに強打という戦術です。例えば、大藤がミドルにつないだボールを小塩がバックで処理したら、バック側に強打。フォアでミドル処理をしたらフォア側に強打というシンプルな戦術ですが、最初から最後までそれを徹底していました。

 なぜカットに対して回転量の少ないボールの方がいいかというと、カットに対して強く回転をかけると、どうしても切れて返ってくるので、特にバック面のツブ高ラバーに対して大藤はフワッと浮かさせるようなボールを送っていたのはさすがでした。小塩は浅くて回転のかかったドライブに対するカットで持ち味を発揮するタイプなので、このボールが効いていました。ただ、回転をあまりかけずに返すのは、ドライブが安定しませんし、勇気がいることですが、大藤はこの技術を使いこなしていました。

 また、小塩の武器である横回転のツッツキに対して、大藤は強引に強打せずにしっかりつないで返しました。あのボールは攻撃する側としては強引に強打したくなるんですね。高く浮いてきますし、もし、強打が決まれば相手がもう横回転ツッツキを使ってこなくなるだろうという打算が働いて、難しいボールなのにもかかわらずついつい強く打ってしまうんですが、大藤はそこもしっかり無理せずつないでいました。

 もう一つ、大藤の技術でカットとして嫌だなと思うのは、強打からのストップのうまさです。頻度は少なかったですが、いつ止められるかわからないと思うと、カットの選手は適正な距離が保てなくなって、距離感を狂わされてしまいます。とてもうまい攻め方でした。

(まとめ=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事