1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 混合ダブルスは森薗/伊藤が三連覇!

2020年全日本卓球 混合ダブルスは森薗/伊藤が三連覇!

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会4日目は混合ダブルス準決勝〜決勝が行われ、森薗政崇/伊藤美誠(BOBSON/スターツ)優勝し、三連覇を達成した。

苦しみながらも森薗/伊藤が三連覇達成!

伊藤(右)の揺さぶりと森薗の攻撃は今大会も健在だった

張本(右)/長﨑も互角のラリーを展開したが、連係でわずかに及ばず

●混合ダブルス決勝
森薗政崇/伊藤美誠(BOBSON/スターツ)  6,-7,7,6  張本智和/長﨑美柚(木下グループ/JOCエリートアカデミー/大原学園)

●混合ダブルス準決勝
森薗政崇/伊藤美誠(BOBSON/スターツ)  6,8,6  軽部隆介/松本優希(鹿児島相互信用金庫/サンリツ)

張本智和/長﨑美柚(木下グループ/JOCエリートアカデミー/大原学園)  9,6,-8,6  上村慶哉/阿部愛莉(シチズン時計/デンソー)

 
 混合ダブルス決勝は、昨年と同じく森薗/伊藤対張本/長﨑のカードになった。
 試合が始まると、伊藤が前についてボールを厳しくもミスなくさばき、森薗が動き回って得点する得意のパターンで、森薗/伊藤が先制する。一方、なんとしても森薗/伊藤越えを果たしたい張本/長﨑も、張本の積極的なチキータレシーブと長﨑の伸びやかな両ハンドドライブで第2ゲームを奪い、試合を振り出しに戻す。
 しかし、「どこよりも連係がよくて、いいときは二人が一人でプレーしているかのように感じる」と試合後、張本が脱帽したように、森薗/伊藤が見事な連係で第3ゲームの競り合いを物にすると、続く第4ゲームも伊藤の前陣と森薗の足を使った攻撃は乱れず、三連覇を達成した。
 今大会の森薗/伊藤は、前回、前々回に比べると、3回戦、5回戦とゲームオールの接戦を強いられ、圧勝というわけではなかった。しかし、皆が研究し、全力で向かってくる中、追い込まれても最後は跳ね返せるところに、二人の本当の強さが表れていたように感じる。


■森薗政崇/伊藤美誠の優勝コメント
森薗政崇のコメント
「決勝は3対1という数字以上に苦しい試合でしたが、3ゲーム目の競り合いを制することができて、一気に流れを持ってきて勝つことができて本当によかったと思います。3ゲーム目の8対7のときに美誠がすごいブロックしてくれたのであれがめちゃくちゃ大きかったと思います。
(過去2回の優勝に比べると)もしかしたら今回は1番苦しかったかもしれない。序盤のラウンドからゲームオールの試合を2回やって、決勝も内容的には苦しい試合だったので、これまでの2回に比べると個人的には一番うれしい優勝でした」

伊藤美誠のコメント
「(決勝の)1ゲーム目はすごく出足よくて、2ゲーム目も自分たちの展開だったんですけど取られてしまって、3ゲーム目接戦で取れて。そこから自分たちの流れを持ってこれたかなと思いますし、1本1本が大事なポイントで、しっかりそこを取ることができて、勝つことができてよかったと思います。
 最初から競り合いを制してここまで来たので、競り合いを制した分、勝ちでミックスを終わりたいというのがあったので、しっかり勝ってよかったなと思いますし、すぐ女子ダブルスが入るのでしっかり気持ち切り替えて女子ダブルスに入りたいと思います」

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事