1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 男子ダブルス4回戦に水谷ペアが登場

2020年全日本卓球 男子ダブルス4回戦に水谷ペアが登場

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催中。
 男子ダブルス4回戦からはスーパーシードが登場。昨年2位で第1シードの松山/髙見が田添健汰/田添響の兄弟ペアに敗れたほか、ダブルスでV8を狙う水谷隼が大島とのペアで登場し、初戦を突破した。

田添兄弟は攻撃力の高さと連係のよさで第1シードを破った

守りに入ったか、松山/髙見はまさかの初戦敗退

水谷/大島はベテランらしいプレーで中学生ペアをねじ伏せた

インターハイチャンプの戸上/宮川も優勝を目指す

 男子ダブルスは第1シードが敗れる波乱。昨年、優勝まであと一歩と迫った松山/髙見(愛知工業大)が気負いからか、守勢に回り、田添健汰/田添響(木下グループ)の質の高い連続攻撃の前に競り負けて初戦敗退。

 男子ダブルスの優勝記録で歴代最高となる通算8勝目を目指す水谷は今大会は本種目のみのエントリー。水谷/大島(木下グループ)は鈴木/吉山(愛工大名電中)の中学生ペアから1ゲームを奪われたが、無理して攻めずにコースを突いたボールやしのぎからの反撃など、ベテランらしい多彩なプレーで初戦を乗り切った。

 このほか、阿部/杉本(希望が丘高)が龍崎/沼村(明治大)を接戦の末破る殊勲。戸上/宮川(野田学園高)の高校生ペアも吉田/弓取(中央大)を破り5回戦へコマを進めた。

(写真・文=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事