1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 女子ダブルス4回戦、長﨑/木原が佐藤/橋本を撃破

2020年全日本卓球 女子ダブルス4回戦、長﨑/木原が佐藤/橋本を撃破

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催中。
 女子ダブルス4回戦では、注目の一戦、長﨑/木原 対 佐藤/橋本で長﨑/木原がカットペアを攻め切って勝利。第1シードの優勝候補、伊藤/早田も順当に16強入りを決めた。

世界卓球銅メダリストの佐藤/橋本が初戦敗退

長﨑/木原は長﨑の強烈なフォアハンドドライブでカットを打ち抜いた

優勝候補の伊藤/早田は3連覇を目指す

 女子ダブルス4回戦では、世界卓球3位の佐藤/橋本(ミキハウス)と、世界ジュニアチャンピオンにして、ワールドツアー・グランドファイナルちゃんぴおんの長﨑/木原(JOCエリートアカデミー/大原学園/JOCエリートアカデミー)という早すぎる好カードが実現したが、勢いのある長﨑/木原は長﨑の左腕から放つ豪ドライブでカットを打ち抜き快勝。目指す初優勝に向けてコマを進めた。

 一方、優勝候補筆頭は何と言っても2連覇中の伊藤/早田(スターツ/日本生命)。技術の多彩さ、攻撃力の高さ、連係のよさ、どれをとっても日本のみならず世界のトップクラスだ。初戦では小島/本村(遊卓館/鳥栖高)に落ち着いたプレーで3対1で勝利。3連覇に一歩、歩みを近づいた。

(写真・文=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事