1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 男子シングルス4回戦、大島、張本らが順当勝ち。第2シードの木造は敗れる

2020年全日本卓球 男子シングルス4回戦、大島、張本らが順当勝ち。第2シードの木造は敗れる

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会4日目は男子シングルス4回戦が行われ、スーパーシード勢が続々登場した。

大島は強打で御内のカットを打ち抜き、5回戦へ

大島のベンチには同僚・水谷隼が入った

大島に敗戦後、ベンチの水谷と握手する御内。二人は同級生の間柄

張本は完勝で好発進

第2シードの木造は、村松のカットと攻撃に屈す

松平健太との天才対決を制した丹羽

微塵も衰えない気迫で初戦突破の吉田

ベテラン高木和は内村との大打撃戦を制す

戸上は、野田学園OBの鹿屋を下して5回戦へ

宇田も球威抜群の両ハンドで初戦突破

 昨年ファイナリストで第1シードの大島祐哉(木下グループ)は初戦の4回戦で御内健太郎(シチズン時計)と対戦。大島の豪打を御内がカットで拾いまくって場内が大いに沸いたが、要所を大島が締めて5回戦へ駒を進めた。

 優勝候補の張本智和(木下グループ)も、田中侑人(愛知工業大)にストレートで勝利。王座奪回に向けて、順調な滑り出しを見せた。

 一方、第2シードの木造勇人(愛知工業大)は、村松雄斗(東京アート)のカットからの鋭い攻撃に破れ、初戦敗退。波乱と呼ぶには村松はふさわしくない実力者だが、昨年3位の木造にとっては不本意な結果だろう。

 このラウンドの大注目カード、丹羽孝希(スヴェンソン)対松平健太(T.T彩たま)は、随所で天才同士によるため息が出るようなラリーが繰り広げられたが、勝負どころで鮮やかなカウンタードライブ&ブロックを決めた丹羽が4対1で松平を振り切った。

 ベテランの吉田海偉(東京アート)は、強打の弓取眞貴(中央大)に勝ち、吉田と同僚の高木和卓(東京アート)も、内村秀平(日本体育大)とのゲームオールの大打撃戦を制して初戦突破。

 そのほか、戸上隼輔(野田学園高)、宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)ら注目の若手も5回戦に進出した。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事