1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 女子シングルス4回戦、スーパーシードが登場

2020年全日本卓球 女子シングルス4回戦、スーパーシードが登場

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催中。
 女子シングルスは4回戦からスーパーシードの32選手が登場。

シングルスでも3連覇を狙う伊藤は異質型の阿部に快勝

再び王座を目指す石川は同級生の森薗美咲にストレート勝ち

3年ぶりの優勝なるか ? 平野が再び頂点を狙う

ジュニア王者の大藤はスーパーシードの鎌田を撃破

長﨑はシングルス初戦で宋恵佳に苦杯

小塩遥菜は塩見真希を変化で崩し5回戦へ

 女子シングルス4回戦では、3連覇を目指す伊藤美誠(スターツ)、王座奪還を狙う石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)、昨年2位の木原ら優勝候補の面々は順当に5回戦へコマを進めた。初優勝を狙う加藤美優(日本ペイントホールディングス)、早田ひな(日本生命)らも初戦を突破している。
 スーパーシードは9選手が敗退。長﨑美柚は宋恵佳(中国電力)と対戦。宋のペンならではの巧みなレシーブに先手を取られ初戦敗退。鎌田那美(早稲田大)はジュニア王者の座に就いたばかりの大藤沙月(ミキハウスJSC)に、持ち前の粘り強さを発揮できずに打ち負けた。
 塩見真希(ミキハウス)は小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)の変化の大きなカットに対応しきれず、強打にミスが出て1対4で敗退。
 インターハイ女王の出雲美空(遊学館高)はカット主戦型の石田茜(日本体育大)の粘り強いカットを攻めきれずに敗れた。
 
 明日(大会5日目)は女子シングルスの5回戦(ベスト16決定戦)と6回戦(ベスト8決定戦)が行われる。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事