1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 男子シングルス6回戦、張本、宇田、戸上ら注目の若手がベスト8へ

2020年全日本卓球 男子シングルス6回戦、張本、宇田、戸上ら注目の若手がベスト8へ

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会5日目は男子シングルス5〜6回戦が行われ、ベスト8が決定した。

ここまでオールストレート勝ちの張本

インターハイ王者の戸上もベスト8

高見、吉田海偉ら強敵を倒してベスト8入りした宇田

吉村和弘は第1シードの大島を打撃戦の末に下す

張本と同じく、ここまでオールストレート勝ちの吉田。状態は良さそうだ

ファイター・神もベスト8入り

吉村真晴は得意の変化サービスからの展開でベスト8

余裕すら感じるプレーぶりで勝ち上がっている丹羽

●男子シングルス6回戦の結果
吉村和弘(東京アート) -4,4,9,7,-9,-9,8 大島祐哉(木下グループ)
宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園) 6,11,-6,4,9 吉田海偉(東京アート)
吉田雅己(FPC) 4,6,5,8 町飛鳥(鹿児島県体育協会)
神巧也(T.T彩たま) 4,6,11,9 龍崎東寅(明治大)
張本智和(木下グループ) 4,8,9,7 横谷晟(愛工大名電高)
吉村真晴(名古屋ダイハツ) 11,6,4,6 松山祐季(愛知工業大)
丹羽孝希(スヴェンソン) -5,5,8,15,9 及川瑞基(専修大)
戸上隼輔(野田学園高) -8,5,3,11,-7,6 曽根翔(愛工大名電高)

●男子シングルス5回戦の結果
大島祐哉(木下グループ) 9,4,-9,6,10 郡山北斗(リコー)
吉村和弘(東京アート) 7,-6,6,-6,12,-8,14 平野友樹(協和キリン)
吉田海偉(東京アート) 10,4,5,7 田添健汰(木下グループ)
宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園) 4,7,-8,9,-9,-13,8 髙見真己(愛知工業大)
町飛鳥(鹿児島県体育協会) 9,-8,-6,9,-5,6,13 藤村友也(日鉄物流ブレイザーズ)
吉田雅己(FPC) 7,9,8,8 有延大夢(リコー)
龍崎東寅(明治大) 4,3,9,11 上村慶哉(シチズン時計)
神巧也(T.T彩たま) 6,7,-5,5,10 田添響(木下グループ)
張本智和(木下グループ) 5,4,7,6 松下海輝(日鉄物流ブレイザーズ)
横谷晟(愛工大名電高) -10,10,8,-8,8,8 岡田崚(岡谷市役所)
松山祐季(愛知工業大) 5,-14,7,-5,5,6 高木和卓(東京アート)
吉村真晴(名古屋ダイハツ) 3,-8,6,6,-9,16 渡辺裕介(協和キリン)
丹羽孝希(スヴェンソン) -9,7,6,9,9 沼村斉弥(明治大)
及川瑞基(専修大) 3,7,9,3 定松祐輔(日鉄物流ブレイザーズ)
曽根翔(愛工大名電高) -7,4,-8,5,3,8 森薗政崇(BOBSON)
戸上隼輔(野田学園高) 6,7,5,10 村松雄斗(東京アート)


 王座奪還を狙う張本智和(木下グループ)は、5回戦で松下、6回戦で横谷といずれもストレート勝ちでベスト8を決めた。張本は昨日行われた4回戦を含めてまだ1ゲームも失っておらず、状態はかなりよさそうだ。
 
 インターハイ王者の戸上隼輔(野田学園高)は、5回戦で昨日第2シードの木造勇人(愛知工業大)を下した村松を圧巻のカット打ちで下すと、6回戦では世界代表の森薗を倒した同じ高校生の曽根を切れ味鋭い両ハンドで下してベスト8入り。勢いに乗ったら手がつけられないタイプだけに、明日の丹羽との準々決勝が楽しみだ。

 戸上と並ぶ注目の若手・宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)もベスト8入り。5回戦で高見とのゲームオールの接戦を物にすると、6回戦ではベテランでしのぎがうまい吉田海偉に対し、両ハンドを振り抜き続きて勝ち切った。入れば誰も取れないような球威が宇田の持ち味なだけに、明日も大いにチャンスがある。

 会場を大いに沸かせたのが、吉村和弘(東京アート)。
 5回戦で平野、6回戦では第1シードの大島をいずれもフルゲームで下し、第1シードのパートを勝ち上がった。力みのないスイングとは対照的に相手コートを駆け抜けていくボールの球威は、相手はもちろんのこと、観客もあっけに取られるほどのギャップがある。壮絶な試合を立て続けにくぐり抜けているだけに、簡単には負けないだろう。

 面白い存在が、吉田雅己(FPC)。吉田はここまでの3試合、有延、町ら強敵と当たりながらも張本と同じくオールストレート勝ちで1ゲームも落としていない。大ブレイクの予感は十分だ。

 そのほか、神巧也(T.T彩たま)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)、丹羽孝希(スヴェンソン)がベスト8に名を連ねた。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事