1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 女子シングルス6回戦、伊藤、石川らがベスト8へ。平野が破れる波乱

2020年全日本卓球 女子シングルス6回戦、伊藤、石川らがベスト8へ。平野が破れる波乱

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会5日目は女子シングルス5〜6回戦が行われ、ベスト8が決定した。

隙のないプレーを見せる伊藤。V3に向けて盤石か

石川も好調キープで5度目の女王を目指す

早田は豪打で頂点を狙う

加藤美優にストレート勝ちした橋本。力をつけている

中学生チョッパーの小塩。準々決勝では伊藤に挑戦だ

佐藤は安定感抜群のカットでベスト8入り

パワフルな両ハンドドライブが魅力の芝田

木原は昨年2位よりも上の成績を目指す

優勝候補の平野(右)は出澤の変化にはまってしまった

●女子シングルス6回戦
伊藤美誠(スターツ) 7,5,8,-13,7 前田美優(日本生命)
小塩遥菜(JOCエリートアカデミー) 9,9,-6,8,-4,11 安藤みなみ(十六銀行)
佐藤瞳(ミキハウス) 7,9,6,6 田中千秋(豊田自動織機)
早田ひな(日本生命) 7,4,-9,3,2 加藤知秋(十六銀行)
石川佳純(全農) 8,6,4,8 森さくら(日本生命)
芝田沙季(ミキハウス) 10,4,9,6 庄司有貴(中国電力)
橋本帆乃香(ミキハウス) 8,5,6,5 加藤美優(日本ペイントホールディングス)
木原美悠(JOCエリートアカデミー) 7,7,4,9 出澤杏佳(大成女子高)

●女子シングルス5回戦(ランク決定戦)
伊藤美誠(スターツ) 4,-9,7,7,6 三條裕紀(青山学院大)
前田美優(日本生命) 8,-6,6,10,-10,5 木村光歩(中国電力)
小塩遥菜(JOCエリートアカデミー) 6,5,8,13 奥下茜里(日本大)
安藤みなみ(十六銀行) 3,-7,9,-7,7,7 山本笙子(中央大)
佐藤瞳(ミキハウス) -11,8,6,-9,6,5 木村香純(専修大)
田中千秋(豊田自動織機) 7,-9,8,8,9 宋恵佳(中国電力)
加藤知秋(十六銀行) 7,10,8,8 梅村優香(中央大)
早田ひな(日本生命) 16,8,7,6 杉田陽南(香ヶ丘リベルテ高)
森さくら(日本生命) 13,6,2,6 石田茜(日本体育大)
石川佳純(全農) 7,6,-11,-8,7,8 野村萌(デンソー)
庄司有貴(中国電力) 5,-8,7,10,7 徳永美子(十六銀行)
芝田沙季(ミキハウス) 8,-10,4,-14,5,7 森薗美月(木下グループ)
加藤美優(日本ペイントホールディングス) 4,4,3,9 清家綾乃(オークワ)
橋本帆乃香(ミキハウス) 14,6,-8,9,3 松本優希(サンリツ)
出澤杏佳(大成女子高) 4,-8,9,5,9 平野美宇(日本生命)
木原美悠(JOCエリートアカデミー) 6,5,9,3 大藤沙月(ミキハウスJSC)


 三年連続三冠王という偉業を目指す伊藤美誠(スターツ)は、危なげなくベスト8に勝ち上がった。変幻自在のサービスと、弾むようなフットワークから繰り出される速攻は、今のところ隙が見当たらない。

 5度目のVを目指す石川佳純(全農)も順当にベスト8入り。昨年末に行われたジャパントップ12ではやや精彩を欠いていたが、6回戦で昨年3位の森をシャットアウトした鋭い両ハンドの連打を見ると、状態をかなり戻してきている。

 優勝候補の一人、早田ひな(日本生命)も好調だ。杉田、加藤知秋ら強敵をねじ伏せた豪腕は健在で、頂点をしっかり見据えているに違いない。

 カット主戦型の橋本帆乃香(ミキハウス)も不気味な存在だ。カットの鋭さ、粘りに加えて攻撃力も増しており、優勝候補の一角・加藤美優に完封勝ちした攻防充実のプレーは、ベスト8に残ったほかの選手にとって脅威だろう。

 ベスト8に勝ち残った選手で注目は、何と言っても中学生2年生の小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)。昨年の木原の決勝進出の事例が示すように、ホープスやカデット、ジュニアなど年少の選手がシニアの選手と対戦すると、時にリミッターが外れて、あるいは引き上げられて強さが増すものだが、小塩もこの一般論の例に漏れず、ジュニア女子の時よりも強さが倍増している感がある。特に、6回戦でスマッシュが打ててカット打ちに定評のある安藤を下したプレーは、中学生のカットマンの域をはるかに越えていた。
 明日の準々決勝では女帝・伊藤に挑戦するが、単なる経験と捉えずに果敢にチャレンジしてほしい。

 そのほか、安定感抜群のカットを誇る佐藤瞳(ミキハウス)、ダイナミックな両ハンドが魅力の芝田沙季(ミキハウス)、昨年ファイナリストの木原美悠(JOCエリートアカデミー)がベスト8に勝ち残っている。

 また、5回戦では優勝候補の平野美宇(日本生命)が出澤杏佳(大成女子高)に破れる波乱があった。
 平野は出澤の変化のあるバックハンドに対するミスを最後まで修正できず、昨年、木原に破れたときと同じく5回戦で姿を消した。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事