1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 元全日本王者が斬る!渋谷浩の眼〜女子シングルス5・6回戦〜

元全日本王者が斬る!渋谷浩の眼
〜女子シングルス5・6回戦〜

 令和最初の全日本、2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催中。
 卓球レポートでは会場に足を運んだ元全日本王者の渋谷浩が、その鋭い眼で選手たちの戦いぶりを評する。大会5日目に行われた女子シングルス5・6回戦について、渋谷の注目した、あるいは目に止まった試合、選手について聞いた。

カット主戦型の中学生、小塩が8強入り。「上半身の脱力が素晴らしい」と渋谷

<女子シングルス6回戦>
● 橋本帆乃香(ミキハウス) 8,5,6,5 加藤美優(日本ペイントホールディングス)

 橋本の出来がよかったですね。ツッツキの変化、攻撃のタイミングが絶妙でした。橋本のように浮いたボールをすかさず攻撃してくるタイプのカットマンには相手もとりあえず山なりでもいいから入れておくということができません。おそらくこの試合でも加藤は、カット打ちの一本一本にかなり気を使っていたのではないでしょうか。低くコントロールしようとして、ミスを誘われる場面もあったと思います。カットに対してはドライブもスマッシュも打てる加藤でしたが、この試合は橋本が見事だったと言えるでしょう。

● 木原美悠(JOCエリートアカデミー) 7,7,4,9 出澤杏佳(大成女子高)

 木原はうまかったですね。どういう戦いになるのか予想が難しかったのですが、木原の変化に対する対応力が高かったですね。普通、出澤のような変化のあるボールに対しては、少し打球点を落として、しっかり回転をかけるというのがセオリーですが、木原は前陣で対応して、バックハンドなどは上から叩いていましたね。その対応力は見事でした。

● 小塩遥菜(JOCエリートアカデミー) 9,9,-6,8,-4,11 安藤みなみ(十六銀行)

 小塩は中学生でベスト8は立派な成績です。しかも、まだまだ伸びしろがあります。カットの選手として素晴らしいと思うのが、彼女の上半身の力の抜け具合です。見ていてミスをする気がしません。下半身は小刻みなフットワークでよく動いているけど、上半身はすごい脱力している。これが訓練によるものなのか、天性のものなのか分かりませんが、なかなか真似しようと思ってもできるものではありません。


<女子シングルス5回戦>
● 出澤杏佳(大成女子高) 4,-8,9,5,9 平野美宇(日本生命)

 出澤はよく平野の高速卓球についていきましたね。出澤のプレーは元来、平野のような直線的なボールを崩すためにできているような戦型なので、出澤はうまく自分の特長を生かしてプレーできたと思います。出澤は平野がバック面のボールを嫌ってフォア側に強引に持っていったボールに対してもカウンターを決めて、終始主導権を握ることができました。

(まとめ=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事