1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 元全日本王者が斬る!渋谷浩の眼〜男子ダブルス準々決勝〜

元全日本王者が斬る!渋谷浩の眼
〜男子ダブルス準々決勝〜

 令和最初の全日本、2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催中。
 卓球レポートでは会場に足を運んだ元全日本王者の渋谷浩が、その鋭い眼で選手たちの戦いぶりを評する。大会5日目に行われた男子ダブルス準々決勝の戸上/宮川 対 水谷/大島について聞いた。

準々決勝の戸上/宮川の金星は宮川(左)の活躍によるところが大きかった

<男子ダブルス準々決勝>
戸上隼輔/宮川昌大(野田学園高) -10,7,4,6 水谷隼/大島祐哉(木下グループ)

 戸上/宮川は強かったですね。戸上があれくらいいいプレーすることは予想できましたが、宮川がよかったです。委縮してもおかしくない場面で、自信を持ってプレーしていたと思います。
 戸上は打球点も早いし、ボールのスピードも速い、どこに打つか分からない。そういうプレーは対戦相手だけでなく、パートナーにとっても難しいんですが、宮川はよくついていってましたね。長年ペアを組んでいるからできるという面もあるでしょう。戸上はもちろん素晴らしいプレーをしていましたが、この勝利は宮川によるところが大きいと言えるでしょう。

(水谷隼は渋谷浩、松下浩二の男子ダブルス最多優勝記録を塗り替えることができませんでしたが)
 記録を更新してほしかったので、残念ですね。私の場合は同一ペアで7回優勝していますが、水谷の場合は、ペアを変えて7回優勝している(岸川聖也、吉田雅己、大島祐哉)ので、そちらの方がすごいと思います。誰と組んでも強いというのは本当にダブルスがうまい証拠と言えるでしょう。

(まとめ=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事