1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 女子シングルスは、伊藤、早田、石川、橋本がベスト4へ

2020年全日本卓球 女子シングルスは、伊藤、早田、石川、橋本がベスト4へ

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会6日目は女子シングルス準々決勝が行われ、ベスト4が決定した。


伊藤が新鋭・小塩に厳しい洗礼。三連覇へ向けて死角なし

圧巻のカット打ちで快勝した伊藤

小塩は伊藤のあまりの強さに呆然

●女子シングルス準々決勝
伊藤美誠(スターツ) 4,3,3,3 小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)

 三連覇を目指す伊藤美誠(スターツ)と、快進撃を続ける中学2年生チョッパー・小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)の注目対決は、終わってみれば伊藤が小塩に4ゲーム合計でわずか13本しか与えず圧勝した。
 とにかく伊藤の攻めが速く、小塩は台から距離を取っているにも関わらず、カットの準備が間に合わない。伊藤は小塩の武器である横回転ツッツキに対しても難なくさばき、注目の若手に力の差を見せつける形でベスト4へ駒を進めた。
 一方、「まったく歯が立たなかった。変化のあるカットをしていこうと思いましたが全然できませんでした。ボールの速さの幅がすごく広かった点と、サービスが練習の時と全然違っていました。練習の時は手加減してくれていたけど、さっきの(試合のサービス)は全然取れなかった。目標が伊藤さんとやることだったので、達成できてよかったです。今日の試合は全部先手を取られて負けたので、これからは先手を取られても戦えるように練習したいです」と、伊藤の強さに脱帽の小塩。
 完敗したものの、中学2年生のカットマンとしてここまで勝ち上がってきた小塩のポテンシャルは計り知れないものがある。この敗戦が小塩にどんな刺激をもたらすのか。来年の全日本を楽しみに待ちたい。

カットの幅が広がり、攻撃力が増した橋本がベスト4へ

強敵を連破してベスト8入りした橋本。カットの精度が増している

木原は橋本のカットを必死に打ったが、攻略できず

●女子シングルス準々決勝
橋本帆乃香(ミキハウス) 6,11,6,5 木原美悠(JOCエリートアカデミー)

 昨日の6回戦で加藤美優(日本ペイントホールディングス)をストレートで下した橋本帆乃香(ミキハウス)は、木原美悠(JOCエリートアカデミー)にもストレートで快勝。鋭いツッツキと守備範囲が広くなったカットに加え、投げ上げバックハンドサービスからの3球目攻撃も随所に決めて昨年2位の木原を圧倒し、自身2度目のベスト4入りを果たした。
「(木原と)直近で試合したのが昨年のワールドツアーのチェコオープンで、そのときは4-3のギリギリで勝ちましたが、お互いに久しぶりの試合でした。向こうは前回負けているので向かってくると思っていて、自分も勝っているからといって受けてはいけないと思っていました。一本目から自分が負けているつもりで、自分の持っているものすべてを出し切れたことが勝ちにつながった」と会心の勝利後の橋本。
 一方、木原はフォアハンドやバックハンドなどあらゆる技術で前後左右にボールを送り、橋本への打開策を探ったが、攻略の道筋が立てられないまま破れた。

早田が圧巻の攻撃力で佐藤のカットを打ち抜く

早田は強烈なスマッシュで佐藤を圧倒

佐藤は早田の球威に押され、反撃の糸口をつかめず

●女子シングルス準々決勝
早田ひな(日本生命) 6,6,2,6 佐藤瞳(ミキハウス)

 早田ひな(日本生命)対佐藤瞳(ミキハウス)は、早田が持ち前の攻撃力を発揮してストレート勝利。回転量の多いドライブで佐藤のカットを浮かせ、浮いたカットを強烈なスマッシュで確実に仕留める戦術で、佐藤に付け入る隙を与えなかった。
「カットだけではチャンスがない」と試合前から自覚していた佐藤も積極的な攻撃で揺さぶりをかけたが早田に跳ね返され、勝機を見出せなかった。
「(早田に)3球目で決められないようにしようというのは意識していたのと、やっぱりただ守っていただけでは絶対チャンスがないので、どんどんどんどん攻めていくことを意識して試合していました。
(早田は)以前よりも、ドライブだけではなくてスマッシュも打てるようになってきていました。ジュニアの時はドライブしかできなくて決め球もドライブだったので、まだやりやすい部分があったのですが、それにプラスしてスマッシュを混ぜるようになったのがやりにくくなったところかなと思います」と敗戦後の佐藤。

石川がさすがの対応力で、芝田の両ハンドを跳ね返す

鋭い両ハンドで芝田を下した石川。動きがキレてます

芝田はコンパクトなバックハンド連打で挑んだが力及ばず

●女子シングルス準々決勝
石川佳純(全農) 7,8,-9,7,8 芝田沙季(ミキハウス)

 石川佳純(全農)対芝田沙季(ミキハウス)の準々決勝は、石川が厳しいコースを狙った鋭い両ハンドで2ゲームを先行する。3ゲーム目も6−0とリードし、勝負あったかに思えたが、ここから芝田がなんと10本連取で逆転してゲームを奪う。
 嫌な流れになりかけた石川だが、「途中から相手のボールが待てた」というさすがの対応力を発揮し、畳み掛けようとしてくる芝田の両ハンドを台から少し距離を取って跳ね返してベスト8進出を決めた。 
「芝田さんはフォアは後ろでバックは前で早い打球点で攻めてきたので、それになかなか途中まで合わなかったのですが、最後の方になってタイミングがつかめました。最後は後ろに下がって待って(芝田のボールを)打ち返そうと切り替えられたので、自信を持ってサービスレシーブができました。
 手応えとしては、自分の中ではレベルアップできているんじゃないかなって思えますね。去年はずっと苦しい試合ばかりでメンタル的にも苦しかったけど、やってきたことは伸びてるというか、今年に入ってこういう試合ができるということは、去年、技術の進歩があったと思えるので、それがすごく嬉しいです」と勝利後、石川は自身の状態の良さを語った。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事