1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 男子シングルス準々決勝、戸上、宇田、張本、吉田がベスト4へ

2020年全日本卓球 男子シングルス準々決勝、戸上、宇田、張本、吉田がベスト4へ

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会6日目は男子シングルス準々決勝が行われ、ベスト4が決定した。


戸上がカミソリドライブ炸裂で、丹羽にストレート勝利

戸上は、今大会一ともいえるスピードドライブで丹羽を圧倒

丹羽は、戸上の強打に押されてしまった

●男子シングルス準々決勝
戸上隼輔(野田学園高) 5,9,8,10 丹羽孝希(スヴェンソン)

 好勝負が期待されたインターハイ王者の戸上隼輔(野田学園高)対東京オリンピック日本代表候補選手に内定している丹羽孝希(スヴェンソン)の試合は、戸上が圧倒的な強さで丹羽にストレート勝ちし、ベスト4へ勝ち上がった。
 戸上は序盤から得意のチキータからのカミソリのように鋭い両ハンドドライブでペースを握る。縦回転系を中心にしたサービスもよく利き、カウンターが得意な丹羽がボールにさわれないほどのスピードドライブで圧倒した。
 一方、破れた丹羽は「戸上選手がレシーブのときはチキータが取れなくて、サービスもすごくうまいので、チキータが甘くなってしまいました。向こうからいつも攻められている感じでした。試合中は、今日は難しいかなと思っていました。今日は負けましたが、気持ちを切り替えて1月のドイツオープンから調整して行きたいです。これから国際大会が続くので、オリンピックまでには世界ランキングを上げて、いいシードを取れるように頑張りたい」とコメントした。
 戸上のプレーが良かったとはいえ、プレーや集中力など、全体的に精彩を欠いていた感のある丹羽。東京オリンピックまでに、さらにギアを上げていきたいところだ。

強打の宇田がベスト4。吉村和弘は連戦の疲れか精彩を欠く

高校生離れした球威で吉村和弘を退けた宇田

連続した激戦のせいか、プレーに精彩を欠いた吉村和弘

●男子シングルス準々決勝
宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園) 8,7,10,-4,-8,3 吉村和弘(東京アート)

 宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)は、吉村和弘(東京アート)に対して球威のある両ハンドドライブを連発して準決勝進出。宇田は「レシーブもうまく対応できましたし、自分のサービスも変化をつけて相手を崩すことができました。目標にしていたベスト4に勝ち残れたことはすごく自信につながりますし、明日もまだ試合があるので気を抜かず引き続き頑張っていきたいと思います」と勝利後にコメント。
 一方、吉村和弘は、4回戦から3回続けてゲームオールの激戦をくぐり抜けてきたせいか動きが重そうで、いつもの両ハンドの切れ味は影を潜め、宇田の速さと球威についていけなかった。
 破れはしたものの、「僕がこんなに4対3で勝つとは誰も多分予想していないと思うし、僕自身こんなに粘り強く最後まであきらめずに戦えたのは、成長した部分です。今までにできなかった試合を見せられたので、今後の成長にはつながると思っています」と敗戦後、吉村は精神面での成長に手応えをつかんだようだ。

張本が圧勝。王座奪回に向け、危なげなくベスト4へ

いまだ1ゲームも落としていない張本。倒す選手は現れるのか

吉村真晴は、張本の速さの前に沈黙

●男子シングルス準々決勝
張本智和(木下グループ) 6,5,4,5 吉村真晴(名古屋ダイハツ)

 優勝候補の張本智和(木下グループ)対吉村真晴(名古屋ダイハツ)という昨年の同一カードは、張本が得意のコーナーを鋭く突くバックハンドに加え、威力が増したフォアハンドドライブで吉村を圧倒し、順当にベスト4へ駒を進めた。
 昨年のリベンジを果たしたい吉村も、台から距離を取るなどして工夫を凝らしたが、張本を脅かすまでには至らなかった。
 勝った張本は「(吉村は)いつも一緒に世界で戦っている先輩で手の内を知られているので、1、2ゲーム目は前半耐えて後半離すことができました。(去年に比べると)体力面でもあまり疲れていないので、明日は100パーセントで臨めると思います。(準決勝の相手の戸上は)年も近くて勢いのある選手ですが、去年(大島祐哉に)負けた準決勝で今年は相手が誰でも勝つと意識してきたので、どんな選手でも勝ちたいと思います」と王座奪回に向けての意気込みを語った。
 ここまでの4試合、張本が失ったゲームは0。勝利に飢えた怪物は、優勝へ猛進する構えだ。


「優勝しないと意味はない」。好調の吉田が準決勝進出

好調の吉田がベスト4。技の精度と気迫が噛み合っている

ファイター神は、吉田に必死に追いすがったが実らず

●男子シングルス準々決勝
吉田雅己(FPC) 3,8,9,-6,-7,7 神巧也(T.T彩たま)

 これまでの3試合を全て4対0で勝ち上がってきている吉田雅己(FPC)は、その好調ぶりを発揮して神巧也(T.T彩たま)を退け、ベスト4進出。攻めるべきボールを見逃さない判断力と実行力で、乗るとやっかいな神を退けた。
 一方、神も3ゲームを立て続けに取られた後、2ゲームを返して意地を見せたが、吉田の先手率の高さの前にペースを握れず、表彰台はならなかった。
「今大会はベスト4に必ず入りたいと思っていたのでほっとしています。世界選手権の選考会に出られなかったので、自分が世界選手権に出るためには全日本で優勝するしかないので、そういった意味で優勝したいという気持ちはあります。
 大学2年生から一度もベストコンディションで(全日本に)臨めていなかった。ケガや風邪で。今大会は何もなくて自分的には不思議で(笑)、完全なコンディションで臨めているのでいけるという自信はありました。
 勝因は、いつも相手のことを考えてプレーしているんですけど、今回は自分の中で自信があったので、自分のプレーをすれば自ずと勝てると思ったので、そういった部分はいつもと違うと思います。
 優勝しないと意味はないと思うので、ベスト4で満足しないで明日は優勝を目指して頑張りたいと思います」と試合後、吉田は自身の状態の良さを語った。
 過去の全日本では、頂上争いをする力を持ちながら、ケガや病気に泣かされてきた吉田。ベストコンディションで臨む今大会の目標は、もちろん頂点しかないだろう。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事