1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 女子ダブルスは、伊藤/早田が三連覇達成!

2020年全日本卓球 女子ダブルスは、伊藤/早田が三連覇達成!

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催中。
 大会6日目は女子ダブルス準決勝〜決勝が行われ、伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命)が三連覇を達成した。


【女子ダブルス優勝】
伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命)

伊藤(右)/早田は三連覇。向かうところ敵なし

攻撃力、守備力、対応力、どれをとっても日本一のペアだ

2年連続の決勝進出を果たした芝田(右)/大藤

●女子ダブルス決勝
伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命) 3,9,-7,8 芝田沙季/大藤沙月(ミキハウス/ミキハウスJSC)

●女子ダブルス準決勝
伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命) 6,6,7 塩見真希/梅村優香(ミキハウス/中央大)
芝田沙季/大藤沙月(ミキハウス/ミキハウスJSC) -10,-7,3,10,9 長﨑美柚/木原美悠(JOCエリートアカデミー/大原学園/JOCエリートアカデミー)


 女子ダブルス決勝は、昨年と同じカードとなった。
 リベンジを狙う芝田/大藤は、準決勝で長﨑/木原に0対2の窮地から大逆転で2年連続決勝進出を果たした。決勝は序盤から激しい打ち合いとなったが、攻めの厳しい伊藤/早田に対して、芝田と大藤は早田のフォア側にボールを集めて崩そうとするも、早田はこれに大きなフットワークと長いリーチで対応。中陣からのフォアハンドドライブで巻き返されると、芝田/大藤は逆に苦しい展開に。
 第3ゲームは、フォアハンドの強い芝田と大藤が強打で攻め込み1ゲームを取り返すが、第4ゲームは決定打になるかと思われるようなボールに対しても、伊藤がカウンターを決めるなど、流れを再び呼び戻し、3度目の全日本チャンピオンに輝いた。
「無敗の女」を目指す伊藤は、約束通りここまで3種目で無敗。明日のシングルス準決勝ではパートナーの早田と決勝進出をかけて争う。

■伊藤美誠のコメント
「決勝戦は去年と同じペアと対戦して、すごく楽しみでしたし、自分たちのプレーを出せたので楽しんで試合ができたかなと思います。
 まずは自分たちのプレーをしようと思っていて、準決勝、決勝といい流れで試合ができたので、本当に準決勝、決勝は久々に自分たちらしい試合ができたかなと思います
 半年以上ぶりにダブルスをして、初戦からすごく接戦だったんですけど、試合をするごとに自分たちのよさだったり、自分たちの実力が上がっているということも分かりましたし、すごく毎試合毎試合楽しくて、ダブルス終わっちゃったんだなという感じで、すごく楽しかったのでまだまだ試合をしたいという気持ちがあります。
 今回の試合は毎試合目の前の試合をやり切るという目標を立てていたので、明日の準決勝は、しっかり自分らしくプレーして楽しい試合をしたいと思います」

■早田ひなのコメント
「美誠が言った通り、本当に楽しく試合できましたし、1ゲーム取られたんですけど、4ゲーム目はしっかり自分たちらしいプレーを、『みまひな』らしいプレーをお見せできたかなと思います。
(3ゲーム目取られたが)内容的には悪くなかったんですけど、不運があったりして競って焦って自分たちが凡ミスしてしまったので、そういったところを4ゲーム目に修正できたところがよかったかなと思います。
 世界選手権が終わってからこのペアで組むことがなくて、でも、個人個人の実力が上がってきていた分、組んでも最初の練習からしっかりマッチしましたし、試合ごとにどんどん自分たちらしさっていう感覚が戻ってきて、それが最後決勝でいい形で終われたかなと思います。
 去年も同じような並びだったんですけど、2人ともよく寝るので、(準決勝は)できれば11時の後半に試合がしたかったんですけど(笑)。でも、朝イチからしっかり2人でお客さんにいいプレーがお見せできるように頑張りたいと思います。1本1本集中していいプレーができたらいいかなと思います」

準決勝でまさかの失速。優勝候補の長﨑/木原は3位に

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事