1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 女子シングルス準決勝、早田が伊藤を撃破。決勝は早田対石川のカードに

2020年全日本卓球 女子シングルス準決勝、早田が伊藤を撃破。決勝は早田対石川のカードに

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会最終日は女子シングルス準決勝が行われ、早田ひな(日本生命)と石川佳純(全農)が決勝へ進出した。


早田がロングサービスからの両ハンドで、伊藤の三年連続三冠王の夢を断つ

早田が強打で伊藤越え!

伊藤は早田の強打と戦術にわずかに振り切られてしまった

●女子シングルス準決勝
早田ひな(日本生命) 9,7,-6,-9,10,-4,7 伊藤美誠(スターツ)

 昨年と同じく、女子ダブルス優勝を決めた翌日、最強のパートナーから最大の敵として準決勝で相見えた早田ひな(日本生命)と伊藤美誠(スターツ)。昨年は、伊藤が早田にほとんど自分のプレーをさせず、圧勝したが、今回はゲームオールの激戦になった。
 試合が始まると、早田が伊藤のバック側へのロングサービスを起点にした両ハンドドライブで2ゲームを先行する。威力のあるフォアハンドドライブはもちろんだが、早田のバックハンドが効果的で、クロス(伊藤のフォア側)へは強く引っ張り、ストレート(伊藤のバック側)には少し遅めのバックハンドを送る、伊藤の株を奪うような緩急でペースを握った。
 三連覇に向けて負けられない伊藤も、変化サービスと早田のバック側へのバックハンドでのループドライブを効果的に使って第3、第4ゲームを取り返し、試合を振り出しに戻す。
 第5ゲームは終盤思い切ってチキータで攻めた早田、第6ゲームは伊藤が序盤から変化サービスで引き離して取り合い、勝負の行方は最終ゲームへ。
 最終ゲームは一進一退の攻防が続くが、4-4の場面で早田が伊藤のロングサービスを目の覚めるようなバックハンドドライブで抜き去ると、これで動揺したのか、伊藤に珍しく凡ミスが続く。一方の早田は、会場がどよめくような攻撃を立て続けに決めて10-5でマッチポイント。伊藤も意地で2本追い上げたが、最後はサービスミスで早田が勝利し、昨年のリベンジを果たして決勝進出を決めた。
 早田の世界屈指の球威もさることながら、ロングサービスの多用やバック前へのストップを避けるなどして、伊藤にミート打ちからラリーを始めさせなかった徹底した戦術が光る勝利だった。


石川が、ミドル攻めを起点に橋本のカットを攻略

百戦錬磨の石川が見事な対応力で勝利

橋本はカットだけでなく、攻撃を仕掛けるタイミングや精度も光った

●女子シングルス準決勝
石川佳純(全農) -11,8,12,9,4 橋本帆乃香(ミキハウス)
 
 石川佳純(全農)対橋本帆乃香(ミキハウス)の準決勝は、石川がさすがの対応力を見せた。
 第1ゲームは、今大会好調の橋本が、カットと攻撃を織り交ぜたプレーで先制するが、2ゲーム目から石川がペースを握る。
 石川は、橋本のバック側に粘りながら、強打はミドルに打つ戦術で橋本のカットを攻略。橋本が打ってくるパターンやコースも読んでブロックやカウンターで対応し、4ゲームを連取。百戦錬磨の石川らしいゲームメイクで決勝進出を果たした。
 その決勝では、昨年の6回戦で完敗を喫した早田と対戦する。全日本決勝という大舞台で、石川が敗戦をどのように生かすのか注目したい。
 一方、破れた橋本も素晴らしいプレーを見せた。カットの安定感や変化はもちろんだが、レシーブから回り込んでフォアハンドで攻撃するなどは、女子のカットマンにはあまりない発想で攻撃センスも光る。今後も、カットと攻撃の両輪を高めて独自の路線を突き進んでほしい。
 

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事