1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 男子シングルス決勝は、張本対宇田のカードに

2020年全日本卓球 男子シングルス決勝は、張本対宇田のカードに

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会最終日は男子シングルス準決勝が行われ、張本智和(木下グループ)と宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)が決勝へ進出した。


粘り強く戦った張本が、戸上との激闘をゲームオール9本で制す

張本は我慢のプレーで戸上の豪打に競り勝った

戸上は場内がどよめく豪打で張本を追いつめたが、ほんのわずかに届かず

●男子シングルス準決勝
張本智和(木下グループ) 4,-9,-7,-7,7,8,9 戸上隼輔(野田学園高)

 張本智和(木下グループ)対戸上隼輔(野田学園高)の準決勝は、大会随一の激闘になった。
 第1ゲームは張本が速さで戸上のミスを誘い、先制するが、第2ゲームから戸上が覚醒する。張本のチキータを両ハンドでストレートへ抜き去ったかと思えば、ラリー戦でも張本を押し込み、圧巻の豪打でなんと3ゲームを連取。
 戸上のあまりの両ハンドの鋭さに押されていた張本だが、焦らずストップやツッツキ、チキータを確実に入れてからていねいにラリーを展開し、第5、第6ゲームを返して勝負を振り出しに戻す。
 大観衆が固唾を飲んで勝敗の行方を見守る最終ゲームは、中盤まで互角の展開で試合が進む。しかし、戸上が6−5とリードの場面から、3回連続でストップをネットにかけるというミスを犯してしまう。張本のボールの切れ味もさることながら、張本の圧力が呼び込んだ凡ミスのように見えた。
 この戸上のミスを機に張本が抜け出し、9本で戸上を振り切って激闘にピリオドを打った。
 技のキレ、ボールの球威では戸上が上回っていたプレーも多かったが、戸上の猛攻にじっと耐え、台上のていねいさやブロック力で上回った張本が、我慢の末につかんだ勝利だといえよう。
 一方、破れた戸上はあと一歩のところで大魚を逃がしたが、観客がどよめくようなボールを連発する疾走感のあるプレーは、張本に負けず劣らずスター性がある。この苦い敗戦を、さらなる成長に役立ててほしい。

要所で回り込みフォアハンドを決めた宇田が決勝進出

宇田が攻撃力を発揮して吉田を振り切る

吉田は要所で後手に回ってしまった

●男子シングルス準決勝
宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園) -8,6,8,-9,10,9 吉田雅己(FPC)

 もう一方の準決勝、宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)対吉田雅己(FPC)は、各ゲームとも競り合いになるものの、宇田が吉田をゲームカウント4対2で下し、決勝進出。
 宇田は得意のチキータから、球威のある両ハンドドライブでペースを握った。吉田も宇田のチキータを狙い打って追いすがるが、要所を宇田が積極的な回り込みフォアハンドドライブで攻め、難敵を振り切った。
 決勝では張本と対戦する。宇田が球威のある両ハンドドライブで、張本の前陣攻守をどうこじ開けるのか注目したい。


 

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事