1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 女子シングルスは早田が石川を下し、初優勝!

2020年全日本卓球 女子シングルスは早田が石川を下し、初優勝!

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会最終日は女子シングルス決勝が行われ、早田ひな(日本生命)が初優勝を果たした。


【女子シングルス優勝】早田ひな(日本生命)

早田が新女王に!

優勝を決め、歓喜でうずくまる早田

パワフルな両ハンドで頂点をつかんだ

ベンチに入った石田コーチの前で涙、また涙

石川は必死についていったが、押される展開から抜け出せなかった

●女子シングルス決勝
早田ひな(日本生命) 7,9,4,-9,8 石川佳純(全農)

 決勝は、早田ひな(日本生命)対石川佳純(全農)のサウスポー同士の対戦になった。両者は前回の女子シングルス6回戦でも対戦しており、その時は早田が石川を圧倒しているが、今大会も同様の展開になってしまった。
 早田は序盤からバック対バックで優位に立ち、ストレートへのバックハンドで石川のフォア側を抜くプレーも冴える。石川がフォア側を突いてきても強烈なフォアハンドで打ち返す隙なしの両ハンドに加え、後陣から盛り返すプレーも飛び出し、たちまち3ゲームを奪って王手をかける。
 第4ゲームは、決勝まで来て簡単に引き下がるわけにはいかない石川が早田の強烈なボールを必死に追いかけて返すが、石川の反撃もここまで。第5ゲームも早田は積極的に攻撃を仕掛けて石川を押し込み、快勝。優勝を決めた瞬間、早田は両手で顔を覆ってしゃがみ込み、新女王になった喜びを表現した。

 一方、破れた石川は「サービスレシーブが思うようにいかず、攻められてしまった」と本人が語るように、早田に対して常に後手に回る苦しい展開が続き、勝機を見出せなかった。

 今大会における早田の勝因は、戦術の幅が広がったことだろう。これまで、世界屈指ともえいるパワーボールに頼っていた感のあった早田だが、バックハンドでの緩急やミート打ちをさせない戦術で伊藤美誠(スターツ)を下した準決勝が物語るように、戦術の引き出しが多くなっている。
 天性の武器であるパワーに加え、そのパワーを有効に使うための術を高めた早田の快進撃は、今後も続くだろう。
 
■早田ひな選手の優勝インタビュー(場内)
「これまで苦しいことだったりとか、頑張っても頑張っても結果が出ない時がすごく多くて、(そんな時でも)常にたくさんの方がひなちゃん頑張れって応援してくれたので優勝できてよかったなと思います。
 去年は伊藤選手に準決勝で負けてしまって、今年の目標が最低ベスト4で、そこから伊藤選手に勝たないと決勝、そして優勝っていうのがなかったので、しっかりそれを果たして、二冠達成することができて良かったです。
 伊藤選手とは常にダブルスを組んだり、普段の練習から常に一緒にいる仲間ではありますが、でも試合の時はしっかりライバルとして美誠の存在があったからこそ私はここまで来れていると思うので、この優勝を糧に頑張りたいです。
 石川選手はこれまで何度も全日本の決勝を経験していて優勝している選手なので、私は決勝が初めての舞台だったのでしっかり楽しむこと、石川選手と初めて対戦するというくらいの気持ちで向かって行きました。めちゃくちゃ楽しかったです。
 3-0とリードして第4ゲームも3-0リードで、でも相手も戦術を変えてきて、簡単には勝たせてもらえないなというのはすごく感じましたし、それで自分もギアを上げて集中力を高めて1本をしっかり取ることに専念できたので、それがすごく良かったと思います。
 東京オリンピックは選ばれてはないんですけど、2020年のこの1年、自分の中でテーマを挑戦ということにして、いろんなことにチャレンジしていろんなことに向かっていって、逃げていた部分もしっかり自分と向き合って頑張っていきたいと思っています」 

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事