1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. JTTLファイナル4 ~十六銀行が涙の二連覇!~

JTTLファイナル4 ~十六銀行が涙の二連覇!~

12月12(土)~13(日)、2020日本卓球リーグプレーオフJTTLファイナル4が、広島県福山市のエフピコアリーナふくやま(福山市総合体育館)で開催。
ファイナル4とは、前期と後期の日本リーグの総合順位上位4チームが年間日本一を賭けて争う大会。今年は新型コロナウイルスの影響で前期日本リーグが中止になったため、後期日本リーグ熊本大会の順位を踏まえて行われ、優勝チームには内閣総理大臣杯が贈られる。
2日目の最終日は女子決勝が行われ、十六銀行が中国電力を3対1で下し、昨年の初優勝に続いて2連覇を果たした。

最後の団体戦を噛みしめるように戦った土田が先制点

山本は緩急をつけて土田に迫ったがわずかに及ばず

エースの安藤が分の悪い宋を振り切る!

3番で値千金の勝利を挙げた加藤杏華。この1点が大きかった

徳永は固いバックハンドと強烈なフォアハンドで成本を攻めた

必勝を託された成本だったが、ペースを握れず

徳永が気迫で成本に勝利し、二連覇を決めた!

歓喜の涙でタオルに顔をうずめる徳永

<女子決勝>
十六銀行 3-1 中国電力
 山本 5,-10,4,-8,-7 土田○
○安藤 -8,9,11,-7,8 宋
○加藤杏華 -5,7,-7,9,8 庄司
○徳永 -5,8,6,-4,7 成本
 安藤 - 宋

 十六銀行対中国電力という昨年のファイナル4と同じカードになった女子決勝は、全ての試合がゲームオールという昨年同様の大激戦になる。

 トップは、十六銀行が山本怜、中国電力は土田美佳という、昨年のファイナル4の4番と同じカードになった。昨年は山本が優勝をたぐり寄せる値千金の勝利を挙げたが、今回は土田が奮起した。今季限りで引退を表明し、これが団体戦最後の出場となる土田は、山本の緩急にミスを誘われながらも要所でフォアハンドを決めてリベンジを果たし、中国電力が先制する。
 2番、十六銀行はエースの安藤みなみ、対する中国電力は安藤に分のいい宋恵佳をあててきた。両者は昨年のファイナル4決勝でも対戦しており、その試合では安藤が2対0リードでマッチポイントを握ってから宋に逆転負けを喫している。十六銀行からすると分の悪い相手にエースを捕まえられる嫌なオーダーになったが、今回は「絶対にリベンジする」という強い気持ちで臨んだ安藤が多彩なサービスからの展開で宋を振り切り、試合を振り出しに戻した。

 両チームとも喉から手が出るほどほしい3番は、十六銀行の加藤杏華が値千金の勝利を挙げる。「(庄司には)これまで0勝3敗なので思い切っていくしかない」と腹をくくった加藤は、一度も勝ったことがないカット主戦型の庄司有貴に対し、不用意な強打を控え、安定性重視のプレーを敢行。反転ツッツキや攻撃などで揺さぶってくる庄司に対し、加藤は最後までドライブとツッツキで粘るプレーに徹して難敵を撃破し、十六銀行が王手をかけた。

 続く4番、十六銀行はサウスポーの徳永美子を起用。一方、あとがない中国電力は後期日本リーグMVPを獲得しているエース格の成本綾海に望みを託す。昨日の昭和電工マテリアルズ戦で石川佳純(全農)を下した成本の充実ぶりから、中国電力がラストに持ち込むかと思われたが、「この場でプレーさせていただけるのは奇跡。とてもうれしいことなのでいい試合をしたかった」と語る徳永が、大方の予想に反して素晴らしいプレーを見せた。
 徳永は、成本の変化の激しいバックハンドをしっかり受け止め、成本がバック対バックではらちがあかないとフォア側に振ってきたボールをフォアハンドで狙う見事な戦術でペースを握る。一方、中国電力の地元広島での優勝を目指し、簡単に負けるわけにはいかない成本も、打開策を見いだそうと懸命に効く展開を探すが、決め手が見つからない。それでも試合はゲームオールにもつれ込んだが、最後まで勢いを失わなかった徳永が最終ゲームでスタートから抜け出し、見事に強敵を撃破。
 優勝を決め、タオルに顔をうずめる徳永を迎えると、ベンチも歓喜の涙に包まれた。

詳しい記録はこちらから
日本卓球リーグ実業団連盟:https://www.jttl.gr.jp/taikairesult/2020/11/2019-jttl4.php

(取材=猪瀬健治)

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事