1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. JTTLファイナル4男子準決勝 ~日鉄物流ブレイザーズと東京アートが決勝へ~

JTTLファイナル4男子準決勝 ~日鉄物流ブレイザーズと東京アートが決勝へ~

12月12(土)~13(日)、2020日本卓球リーグプレーオフJTTLファイナル4が、広島県福山市のエフピコアリーナふくやま(福山市総合体育館)で開催。
ファイナル4は、前期と後期の日本リーグの総合順位上位4チームが年間日本一を賭けて争う大会だが、今年は新型コロナウイルスの影響で前期日本リーグが中止になったため、後期日本リーグ熊本大会の順位を踏まえて行われた。
初日は男子第1戦(準決勝)が行われ、日鉄物流ブレイザーズと東京アートが明日の決勝へ駒を進めた。

定松が気迫のプレーで流れをつくった!

2番で勢いを途切らせない見事なプレーを見せた田添

協和キリンはファイター平野が一矢報いるも......

ラリー戦に抜群の強さを見せた藤村

松平は藤村のフォア前サービスに手を焼き、天を仰ぐ

初の決勝行きを決め、ベンチも総立ち!

<男子準決勝>
日鉄物流ブレイザーズ 3-1 協和キリン
○定松 5,-7,6,8 渡辺
○田添 7,-4,7,6 硴塚
 松下 -9,-9,8,-7 平野○
○藤村 6,8,12 松平
 藤村 - 平野

 後期日本リーグ4位の日鉄物流ブレイザーズが、後期優勝の協和キリンを下し、ファイナル4初の決勝進出を決めた。
 日鉄物流ブレイザーズは、トップの定松祐輔で勢いに乗る。後期日本リーグでは定松が渡辺裕介に敗れているが、今回は定松が奮起。気迫の込もったパワーボールで渡辺を押し込み、日鉄物流ブレイザーズに貴重な先制点をもたらすと、続く2番ではゴールド選手の田添健汰(木下グループ)が、後期新人賞の硴塚将人を下してすかさず王手をかける。
 3番は平野友樹が踏ん張り、松下海輝を下して協和キリンが意地の1点を返すが、反撃もここまで。
 4番で藤村友也がフォア前サービスからの打ち合いで松平賢二を下し、日鉄物流ブレイザーズが決勝進出を決めた。
「ファイナル4で決勝進出も初めてなら、協和キリンに日本リーグで勝ったことも初めて。この勢いで、明日はぜひとも内閣総理大臣杯を和歌山に持って帰りたい」と日鉄物流ブレイザーズの杉井孝至監督は意気込みを語った。

 なお、予定されていたもう一つの東京アート対愛知工業大学の準決勝は、愛知工業大学が諸般の事情によって棄権したため、東京アートが自動的に明日の決勝へ進出した。
 日鉄物流ブレイザーズは悲願の初優勝なるか。東京アートとの決勝は、明日12月13日の13時30分から行われる。

詳しい記録はこちらから
日本卓球リーグ実業団連盟:https://www.jttl.gr.jp/taikairesult/2020/11/2019-jttl4.php

(取材=猪瀬健治)

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事