1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. JTTLファイナル4女子準決勝 ~中国電力と十六銀行が決勝へ~

JTTLファイナル4女子準決勝 ~中国電力と十六銀行が決勝へ~

12月12(土)~13(日)、2020日本卓球リーグプレーオフJTTLファイナル4が、広島県福山市のエフピコアリーナふくやま(福山市総合体育館)で開催。
ファイナル4は、前期と後期の日本リーグの総合順位上位4チームが年間日本一を賭けて争う大会だが、今年は新型コロナウイルスの影響で前期日本リーグが中止になったため、後期日本リーグ熊本大会の順位を踏まえて行われた。
初日は女子第1戦(準決勝)が行われ、中国電力と十六銀行が明日の決勝へ駒を進めた。

今期限りで引退の土田が気迫の先制点

庄司は変化の激しいカットで鈴木を完封

フォアハンドが光った成本

必勝を託された石川は成本に惜敗

金星を挙げ、すがすがしい表情でベンチに戻る成本

<女子準決勝>
中国電力 3-0 昭和電工マテリアルズ
○土田 6,-5,4,-7,8 田口
○庄司 9,8,4 鈴木
○成本 11,-7,9,-8,9 石川
 宋 - 牛嶋
 成本 - 鈴木

 後期日本リーグ1位の中国電力対、4位の昭和電工マテリアルズは、3対0で中国電力が快勝。
 中国電力は、トップで今季限りで引退のキャプテン土田美佳が、後期新人賞の田口瑛美子との激しい競り合いを物にして先制すると、2番で庄司有貴が変化の激しいカットで実力者の鈴木李茄をストレートで下し、王手をかける。
 昭和電工マテリアルズは3番のゴールド選手・石川佳純(全農)に巻き返しを託したが、中国電力の成本綾海が強かった。成本は、変化の激しいサービスからバックの変化とフォアハンドカウンターで石川と互角以上のラリーを展開。激しいラリーの応酬の末、ゲームオール9本で成本が石川を振り切り、中国電力が昨年に続いて決勝進出を果たした。
 一方、石川を加え、戦力をアップして臨んだ昭和電工マテリアルズだったが、頼みの石川が破れ、無念の敗戦になってしまった。

阿部が徳永との同級生対決を制し、デンソーが先制

山本が馬に値千金の勝利

デンソーは中畑が4番で勝利し、ラストへ望みをつないだが......

エースの安藤がラストをきっちりしめた

<女子準決勝>
十六銀行 3-2 デンソー
 徳永 -5,-4,-2 阿部○
○山本 9,-9,-9,4,9 馬克
○安藤 8,8,8 森田
 加藤千秋 7,-9,-8,-7 中畑○
○安藤 6,6 小道野
※5番は3ゲームスマッチ

 もう一方の準決勝、後期2位の十六銀行対後期3位のデンソーの試合は、ラストまでもつれる大接戦になる。
 トップで阿部愛莉が十六銀行の徳永との早稲田大同期対決を制し、デンソーが勢いに乗ったかに見えたが、十六銀行は2番で山本怜が馬克をゲームオール9本で下してタイに追いつくと、3番でエースの安藤みなみが森田彩音に勝利して王手をかける。
 4番は中畑夏海が加藤千秋を下してデンソーがラスト勝負に望みをつないだが、最後は安藤が小道野結を持ち味である変化速攻で下し、十六銀行が決勝へと駒を進めた。

 これで決勝は二年連続で、中国電力対十六銀行の対戦になった。昨年はスリリングな競り合いの末、十六銀行が優勝を飾ったが、今年は果たして。
 女子決勝は明日12月13日の10時より行われる。

詳しい記録はこちらから
日本卓球リーグ実業団連盟:https://www.jttl.gr.jp/taikairesult/2020/11/2019-jttl4.php

(取材=猪瀬健治)

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事