1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 2021年
  5. 2021年全日本卓球 木原が敗れる波乱。大藤、小塩らは5回戦へ。 ~ジュニア女子2~4回戦~

2021年全日本卓球 木原が敗れる波乱。大藤、小塩らは5回戦へ。 ~ジュニア女子2~4回戦~

 2021年(令和2年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月11〜17日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会2日目はジュニア女子の2回戦から4回戦まで行われた。

連覇へ向けて充実のプレーを続けている大藤沙月

小塩遥菜も余裕のある試合運びで5回戦へ

「押されてしまった」という木原美悠は3回戦で姿を消した

張本美和を下した青井さくら。前陣での速攻プレーが光る

張本美和は5回戦進出ならずも、背が伸びて振りがシャープになった

パワフルなプレーが持ち味の吉井亜紀

面田采巳はバック対バックで強さを見せた

Tリーガーの赤江夏星は威力のある両ハンドで5回戦へ

バックハンドが抜群にうまい白山亜美

 
 前回に続き、連覇を狙う第1シードの大藤沙月(四天王寺高)は順当に勝利し、5回戦へ。「ひさしぶりの試合で緊張するかと思ったが、思ったほど緊張しなかった」と語る大藤プレーは、持ち前のしなやかさに攻撃力がプラスされ、連覇に向けてしっかり仕上げてきた様子だ。

 大藤の対抗となる小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)も順調に4回戦を突破。試合後のインタビューで「(会場が寒くて)カイロを使いました」と報道陣を和ませた後、「前回2位という悔しい結果だったので、コロナ禍の中でずっと練習してきたことを出して、今回こそは優勝したい」と力を込めたあたりに自信がうかがえた。

 大藤、小塩とともに優勝争いに食い込むと見られていた木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)は、初戦となった3回戦で敗退するという波乱が起きた。山脇ゆき(白子高)のバック対バックからの思い切ったストレート攻撃に押され、終始ペースを握れず金星を献上してしまった。
「悔しいより後悔している。緊張して足が動かず、自分が思った技術や戦術ができなかった。すぐに気持ちを切り替えて15日から(の女子シングルスで)相手に思い切って向かっていく気持ちでプレーしたい」と敗戦後の木原。

 注目の小学6年生・張本美和(木下グループ)は昨年と同じく4回戦まで勝ち上がったが、青井さくら(明徳義塾中・高)の上からたたきつけるようなバックハンドを軸とした速攻プレーにつかまり、5回戦進出はならず。負けたものの、振りがシャープになったにも関わらず、背が伸びて球威が増したあたりに張本の成長がうかがえた。敗戦後、張本は「悪かったところはしっかり改善し、(女子シングルスを)思い切り頑張りたい」と前を向いた。

 そのほか、パワフルな両ハンドドライブが目を引く吉井亜紀(就実高)、木原を下した山脇を破った面田采巳(四天王寺高)、Tリーグの日本生命レッドエルフで活躍する赤江夏星(香ヶ丘リベルテ高)、バックハンドの多彩さが際立つ白山亜美(明徳義塾中・高)らが5回戦へ勝ち進んだ。

(まとめ=卓球レポート)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2021/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事