1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 2021年
  5. 2021年全日本卓球 女子シングルスがスタート 〜注目の張本美和は2回戦敗退〜

2021年全日本卓球 女子シングルスがスタート 〜注目の張本美和は2回戦敗退〜

 2021年(令和2年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月11〜17日、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催されている。
 大会3日目は女子シングルスの1回戦と2回戦の一部が行われた。

敗戦後のコメントでは「実力が足りませんでした」と張本美和(木下グループ)

皆川優香(大阪成蹊大)はパワーに頼らず緩急をうまく生かした大人の卓球を見せた

多彩なサービスからの攻撃で高校生を翻弄した成本綾海(中国電力)

面手凛(山陽学園中)は中学1年生ながら完成度の高いプレーで3界戦進出を決めた

攻め出したら止まらない赤江夏星(香ヶ丘リベルテ高)は2種目で活躍

 
 ジュニア一般ともに注目を集めている張本美和(木下グループ)は、1回戦では質の高い両ハンドで梅木ちとせ(明豊高)をストレートで破り勢いに乗りたいところだったが、2回戦で右シェーク攻撃型で張本と同タイプの皆川優香(大阪成蹊大)と対戦し、1対3で敗れ今年の全日本を終えた。張本は1ゲーム目はアグレッシブなプレーで先行したものの、張本が試合後のコメントで「相手のボールの、特に遅いボールにあわててしまった」というように、皆川の緩急に対応しきれずに3ゲーム連続で落とし、あえなく敗戦。関西学生チャンピオンの皆川は経験の差を見せた形となった。

 昨年のJTTAファイナル4で石川佳純(全農)を破ったことで注目を浴びた成本綾海(中国電力)は、ジュニア女子で小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)を破って勢いに乗る白山亜美(明徳義塾中・高)を、巧みなサービスと異質の変化、そして、攻撃力のあるフォアハンドでストレートで寄せ付けず快勝。台風の目となる可能性は十分だ。

 ホープスチャンピオンの面手凛(山陽学園中)は中学1年生ながら、ミスが少なくラリーに強さを見せて、沖胡ひとみ(専修大)との激戦を制して3回戦進出を決めた。

 後輩の由本楓羽(貝塚第二中)との打撃戦を制し、ジュニア女子でベスト8入りを決めた赤江夏星(香ヶ丘リベルテ高)は攻め続ける両ハンドドライブで1回戦で藤尾真結(日本体育大)、2回戦で大島奈々(専修大)と大学生を連破。この快進撃がどこまで続くか楽しみだ。

(まとめ=卓球レポート)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2021/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事