1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 2021年
  6. 2021年全日本卓球 男子シングルスがスタート ~松平、上田らビッグネームが登場~

2021年全日本卓球 男子シングルスがスタート ~松平、上田らビッグネームが登場~

 2021年(令和2年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月11〜17日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会3日目は男子シングルス1回戦が行われた。

「これまでの全日本で一番いいスタートが切れた」と松平健太

上田仁はいきなりの辛勝にほっとした表情

英田理志はカットと攻撃で初戦突破

鹿屋良平は余裕のある試合運びで2回戦へ

集中力の高いプレーを見せた千葉悠平

最年少中学1年生・谷本拓海は初戦を競り勝った

 
 昨年、4回戦で敗れた松平健太(ファースト)が1回戦から登場。全日本男子シングルスでの表彰台経験もあり、現在TリーグのT.T彩たまで活躍する松平は、らしさ全開のプレーで初陣を舞った。柔らかいボールタッチから両ハンドを次々と決めて吉田朋弥(魚沼福祉会)を寄せ付けず、2回戦へと駒を進めた。
「1回戦からの出場は正直びっくりですが(笑)、初日の入りとしては動きもサービスレシーブもよく、これまでの全日本で一番いいスタートが切れました。この1年、練習時間を短くした分、内容を濃くしたことがいいスタートにつながっていると思います。全日本は、毎回優勝を目標にしていますが、今年は挑戦者の気持ちで一試合一試合プレーし、最終的に優勝できたらいいと思います」と松平は上々のスタートに手応えをつかんだようだ。

 一方、松平と同級生で、現在Tリーグの岡山リベッツで活躍する上田仁(岡山リベッツ)は危なかった。ジュニア男子でベスト16まで勝ち上がった萩原啓至(愛工大名電中)のアグレッシブなプレーに押され、ゲームオールまで迫られる苦しい展開。しかし、「相手と同じ位置でプレーして相手にやりやすさを与えていたので、最後は少し距離を取り、我慢の卓球に変えたことがよかった」というさすがの戦術転換で新鋭を振り切った。
「(スーパーシードより)下から試合するのは中3以来(笑)。久しぶりの試合で楽しもうと思っていましたが、内容的にいっぱいいっぱいで全然楽しめなかった(笑)。ですが、初戦勝ててほっとしています。5ゲームスマッチはあっという間に終わってしまう。今日で雰囲気をつかめたので明日からの入り方に生かしたい」と上田。経験豊富な実力者だけに、2回戦からさらに調子を上げてくるだろう。

 そのほか、TリーグのT.T彩たまで経験を積んでいる英田理志(愛媛県競対)、日本リーガーの鹿屋良平(リコー)、千葉悠平(協和発酵バイオ)ら実力者が初戦を突破し、2回戦へ駒を進めた。

 また、今大会男子シングルス出場選手中、最年少の中学1年生・谷本拓海(兵庫中)も、しなやかな両ハンドドライブで大学生の関口龍人(東京経済大)をゲームオール9本で振り切り、初戦を突破している。

(まとめ=卓球レポート)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2021/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事