1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 2021年
  5. 2021年全日本卓球 ベスト8が決定。松島はカットに粘り勝ち ~ジュニア男子5回戦~

2021年全日本卓球 ベスト8が決定。松島はカットに粘り勝ち ~ジュニア男子5回戦~

 2021年(令和2年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月11〜17日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会3日目はジュニア男子の5回戦が行われた。

焦らず粘る戦術で原田春輝のカットを攻略した松島輝空

篠塚大登は後輩とのゲームオールの接戦を振り切った

丁寧なプレーを続けている谷垣佑真

鈴木笙(静岡学園高)との接戦を切り抜けた鈴木颯

第1シードを下した星優真もベスト8へ。どこまで快進撃が続くか

気迫みなぎるプレーでベスト8入りを果たした高橋航太郎

 
 このラウンドの再注目カードは松島輝空(JOCエリートアカデミー)対原田春輝(希望が丘高)。中学1年生で筋力がまだ発展途上の松島が原田のカットを打ち抜けるかどうかに焦点が集まったが、松島が驚きの対応力を見せた。
 第1ゲームを原田にあっさり先制され「このままではだめだ。焦らずゆっくりいこう」と切り替えたという松島は、原田のミドルを起点に粘り、機を見てワイドに攻める戦術で逆転勝利。技ではなく、戦術プランに活路を見いだしたところに松島の非凡さが表れていた。明日の準々決勝進出では篠塚大登(愛工大名電高)と対戦。優勝候補同士のハイレベルなぶつかり合いになるだろう。

 その篠塚は、2019年全日本カデット男子14歳以下シングルス優勝で後輩の中村煌和(愛工大名電中)にゲームオールまで迫られたが、最後は強気の攻めで振り切った。篠塚は昨年、後輩の吉山僚一(愛工大名電高/当時 愛工大名電中)との同士討ちで敗れた嫌な記憶がよぎったと思うが、ここを切り抜けて一息つけたはずだ。
 明日の松島との対戦ではベストなパフォーマンスを見せてほしい。

 そのほか、谷垣佑真(愛工大名電高)や鈴木颯(愛工大名電高)ら愛工大名電勢に、昨日第1シードの吉山を下した星優真(東山高)、ラリー戦に強さを見せる高橋航太郎(実践学園高)らがベスト8へ名乗りを上げた。

(まとめ=卓球レポート)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2021/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事