1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 2021年
  6. 2021年全日本卓球 大藤、菅澤らがベスト8へ。昨年2位の小塩は白山に敗れる ~ジュニア女子5回戦~

2021年全日本卓球 大藤、菅澤らがベスト8へ。昨年2位の小塩は白山に敗れる ~ジュニア女子5回戦~

 2021年(令和2年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月11〜17日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会3日目はジュニア女子の5回戦が行われた。

両ハンドを使って小塩遥菜のカットを攻略した白山亜美

「足が動かなかった」という小塩遥菜は5回戦敗退

ここまで優勝ペースの大藤沙月

激戦を切り抜け、静かに拳を握る菅澤柚花里

好調の面田采巳は準々決勝で大藤沙月に挑戦

躍動感のある攻撃を見せている赤江夏星

中森帆南は技のキレと気迫で上位を伺う

 
 昨年2位の小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)は白山亜美(明徳義塾中・高)に屈した。両者は2019年全中の決勝でも戦っているが、その時は白山が小塩の変化に圧倒されたが、今回はしっかり対応し、落ち着いて強打を決めてリベンジを果たした。

 好調なのは連覇を狙う大藤沙月(四天王寺高)。「自分から攻めるプレーを磨いてきた」と語るように、圧巻の攻撃力でラリーに強い吉井亜紀(就実高)との試合をどの台よりも早く終わらせ、悠々とベスト8へ勝ち進んだ。これまでの3試合を全てストレート勝ちしている大藤。今のところ、連覇に向けて死角は見当たらない。

 菅澤柚花里(四天王寺高)は、昨日張本美和(木下グループ)を倒した青井さくら(明徳義塾中・高)にゲームカウント0対2と追い込まれるも、しゃがみ込みサービスからのしぶとい両ハンドで逆転勝利。勝負強さを見せている。

 そのほか、優勝候補の木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)が敗れたパートを勝ち上がってきた面田采巳(四天王寺高)、パワフルな攻撃が光る赤江夏星(香ヶ丘リベルテ高)、キレのあるフォアハンドドライブが魅力の中森帆南(四天王寺高)らがベスト8入りを果たしている。

(まとめ=卓球レポート)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2021/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事