1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 2021年
  5. 2021年全日本卓球 女子シングルス3回戦が終了 〜十六銀行の選手が一部棄権〜

2021年全日本卓球 女子シングルス3回戦が終了 〜十六銀行の選手が一部棄権〜

 2021年(令和2年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月11〜17日、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催されている。
 大会4日目は女子シングルス2回戦の一部と3回戦が行われた。

土田美佳(中国電力)は感謝の言葉で最後の全日本を締めくくった

皆川優香(大阪成蹊大)は追いつかれてからも強気の攻めで押し切った

元ジュニアチャンピオンの笹尾明日香(早稲田大)も4回戦へ

ジュニア女子2位の横井咲桜(四天王寺高)は阿部愛莉(デンソー)を破り4回戦へ

 
 全日本を選手生活の最後の大会に選ぶ選手は少なくない。中国電力の主力として活躍してきた土田美佳(中国電力)もその一人だ。土田は2回戦で江戸絢音(愛知工業大)を3対1で退けると、3回戦で皆川優香(大阪成蹊大)と対戦。皆川は2回戦で張本美和(木下グループ)を破ってきている。土田は0対2と後がないところから粘りを見せて2対2に追いつくが、最後は皆川が強気の攻めで押し切った。最後の試合でも笑顔を絶やさず、悔いは感じられなかった。
 試合後の会見では「2年前に中国電力のキャプテン業を全うしようとして、その時から引退は意識していました。(昨年の)5月に腰を痛めてしまって、そこから手術をして11月の後期リーグに照準を合わせたら、今度はひざをいためてしまって、けがだらけでした。私は周りに恵まれていて、たくさんの方に応援してもらって感謝の気持でいっぱいです。私ひとりではここまでやることはできませんでした」と最後の全日本を感謝の言葉で締めくくった。
 一方の皆川は、高い攻撃力と対応力も見せ4回戦進出。明日は三條裕紀 (青山学院大)と対戦する。

 この他、元ジュニア女子チャンピオンの笹尾明日香(早稲田大)が威力のあるフォアハンドを武器に順当に4回戦に駒を進め、早稲田大の先輩、田中千秋(豊田自動織機)と対戦する。
 ジュニア女子で2位になった横井咲桜(四天王寺高)は、3回戦で四天王寺高の先輩で元インターハイチャンピオンの阿部愛莉(デンソー)の変化に富んだプレーを攻略し、4回戦進出。出澤杏佳(大成女子高)と対戦する。
 また、好調の成本綾海(中国電力)は3回戦で松澤帆乃果(百十四銀行)を破り、4回戦でスーパーシードの大藤沙月(四天王寺高)に挑む。ジュニア女子を2連覇し、変化にも強い大藤だけに難関となるだろう。

 また、残念なことに十六銀行の同行中のスタッフに発熱があったことから、竹本朋世、山本怜、加藤杏華、加藤知秋の4選手の棄権が決定した。別行動を取っていたスーパーシードの安藤みなみ、徳永美子は出場予定だ。

 いよいよ大会5日目の明日はスーパーシードが登場し、4〜6回戦が行われる。

(まとめ=卓球レポート)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2021/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事