1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 2021年
  5. 2021年全日本卓球 男子シングルス3回戦が終了 〜松島が岡野に敗れスーパーシードに届かず〜

2021年全日本卓球 男子シングルス3回戦が終了 〜松島が岡野に敗れスーパーシードに届かず〜

 2021年(令和2年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月11〜17日、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催されている。
 大会4日目は男子シングルス2回戦と3回戦が行われた。

岡野俊介(愛工大名電高)が松島の進撃にストップをかけた

上位進出を目指した松島輝空(木下グループ)だったが、スーパーシードに届かず

先輩の上江洲光志(東京アート)を大接戦の末に破った小林広夢(愛工大名電高)

篠塚大登(愛工大名電高)はジュニアで敗れた悔しさを一般にぶつけたい

初戦で苦戦を強いられた上田仁(岡山リベッツ)だが順当に4回戦へ

松平健太(ファースト)は肩の力の抜けたプレーで初優勝を目指す

ダブルスチャンピオンの三部航平(シチズン時計)はシングルスでもタイトルを狙う

千葉悠平(協和発酵バイオ)は2回戦でジュニア男子2位の鈴木颯(愛工大名電高)を撃破

カットの御内健太郎(シチズン時計)は星優真(東山高)の攻撃をしのぎきった

大矢英俊(ファースト)は山本歩(出雲北陵中学・高)のカウンターにつかまった

笠原弘光(シチズン時計)は野田颯太(育英高)の思い切った攻撃に屈した

男子シングルス最年長の三田村宗明(リトルキングス)は3回戦でストップ

 
 男子シングルスでは上位進出が期待された松島輝空が、3回戦で男子ジュニア3位の岡野俊介に敗れた。岡野は長いリーチを生かして大きなラリーに持ち込み、終始自分の距離感でプレーし、松島の連続攻撃に対応した。試合後のコメントでは「優勝を狙っていたが、自分のプレーができませんでした。相手が強かったです」と悔し涙をにじませた。
 この他、篠塚大登、上田仁、松平健太、三部航平、御内健太郎ら、実力者が4回戦進出を決めた。小林広夢は高校の先輩の上江洲光志を大接戦の末に破り初の4回戦進出。千葉悠平は2回戦でジュニア男子2位の鈴木颯を破る殊勲を挙げた。
 
 また、表彰台にも登ったことがある大矢英俊は、高校生の山本の思いきった両ハンドのカウンターにつかまり、途中から緩急を使って0対2から2対2に追いついたが、開き直って攻めきった山本に敗れ、初戦となる2回戦で姿を消した。
 笠原弘光も表彰台経験のある実力者として上位進出を狙ったが、こちらも勢いのある高校生のプレーの前に守勢に回り、実力を発揮しきれずに3回戦敗退となった。
 男子シングルス最年長として気を吐いた三田村宗明は、ブロックの堅い田中佑汰(愛知工業大)を打ち抜けずあえなくストレートで敗れた。

 明日の4回戦ではスーパーシードが登場する。今日まで勝ち上がった実力者たちの中には、スーパーシードを破る者も少なからずいるはずだ。明日は4〜6回戦が行われ、ベスト16が決まる。  

(まとめ=卓球レポート)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2021/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事