1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 2021年
  5. 2021年全日本卓球 伊藤美誠と石川佳純が決勝へ ~女子シングルス準決勝~

2021年全日本卓球 伊藤美誠と石川佳純が決勝へ ~女子シングルス準決勝~

 2021年(令和2年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月11〜17日、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催されている。
 大会最終日は女子シングルス準決勝が行われ、伊藤美誠(スターツ)と石川佳純(全農)が決勝へ勝ち上がった。

伊藤美誠が昨年のリベンジを果たし、決勝へ!

早田ひなはパワーで伊藤に迫ったがわずかに届かず

集中したプレーで快勝の石川佳純が決勝へ!

木原美悠は出足から離されてしまった

<女子シングルス準決勝>
伊藤美誠(スターツ) -4,9,9,-7,-8,8,8 早田ひな(日本生命)

 伊藤美誠と早田ひなの準決勝は昨年同様、大激戦になった。
 第1ゲームは、早田が伊藤のバック側へのロングサービスとフォア前へのサービスからフォアハンドの剛球を決めて先制する。2ゲーム連取されると苦しい伊藤は、フォア前に来たサービスをバックハンドでいじり、バック側に来たロングサービスは思い切って回り込む積極的なレシーブで第2ゲームを返すと、試合は激しいラリーを繰り広げながらもつれていく。
 変化に富んだサービスとレシーブから早田のバックを中心につぶす伊藤。伊藤のバック攻めに対し、強烈なバックハンドと機を見たフォアハンドドライブで応戦する早田。ゲームオールにもつれた一進一退の攻防は、伊藤の変化速攻がわずかに早田のパワーを上回り、伊藤が昨年のリベンジを果たして決勝進出を果たした。
 昨年同様、世界トップレベルといってなんら差し支えない素晴らしい試合だった。


<女子シングルス準決勝>
石川佳純(全農) 5,6,8,-2,-7,6 木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)

 もう一方の準決勝、石川佳純対木原美悠は、石川がゲームカウント4対2で勝利し、決勝へ。木原の速攻をしっかりブロックし、得意のフォアハンドドライブにつなげる石川の技術力とゲームプランニング能力の高さはさすが。5年ぶり5度目の皇后杯に向けて、心技体の状態は万全のようだ。
 一方、敗れた木原は、エンジンがかかるのが遅かったのが悔やまれる。3ゲームをあっさり連取されて目が覚めたのか、そこからキレのある速攻を取り戻して2ゲームを返したが、最後は石川の対応力の高さに振り切られた。

(まとめ=卓球レポート)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2021/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事