1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 2021年
  6. 2021年全日本卓球 森薗政崇と及川瑞基が決勝へ ~男子シングルス準決勝~

2021年全日本卓球 森薗政崇と及川瑞基が決勝へ ~男子シングルス準決勝~

 2021年(令和2年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月11〜17日、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催されている。
 大会最終日は男子シングルス準決勝が行われ、森薗政崇(BOBSON)と及川瑞基(木下グループ)が決勝へ勝ち上がった。

森薗政崇は厳しい攻めと気迫で決勝進出

昨日の丹羽戦のような強打が影をひそめた田中佑汰

バックハンドの安定感で上回った及川瑞基が決勝へ

吉田雅己は必死に動いたが、及川に振り切られた

<男子シングルス準決勝>
森薗政崇(BOBSON) 11,9,5,-13,11 田中佑汰(愛知工業大)

 森薗政崇(BOBSON)と田中佑汰(愛知工業大)の準決勝は、森薗がゲームカウント4対1で勝利。前回の対戦で田中に敗れているという森薗は、足を使って積極的に仕掛けつつ田中の速攻をしぶとく返し、勢いに乗る新鋭を下した。
 一方、敗れた田中は、森薗のプレッシャーからか、昨日の丹羽孝希(スヴェンソン)戦で見せたような強打がなりを潜めてしまったのが悔やまれる。


<男子シングルス準決勝>

及川瑞基(木下グループ) 8,-6,-4,8,5,6 吉田雅己(栃木県スポーツ協会)

 昨日の準々決勝で優勝候補の張本智和(木下グループ)を下した及川瑞基(木下グループ)は、その勢いのまま吉田雅己(栃木県スポーツ協会)を下し決勝進出。動きのよさとバックハンドの安定感、威力で試合巧者の吉田を上回った。決勝では、青森山田高時代の先輩・森薗に挑む。
 敗れた吉田は丁寧なサービスレシーブからの強打やラリー戦での強さなど、よく持ち味を発揮して戦ったが、勢いと安定感のある及川のプレーに振り切られた。

(まとめ=卓球レポート)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2021/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事