1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 2021年
  5. 2021年全日本卓球 吉田雅己と及川瑞基が準決勝へ。張本智和は及川に敗れる ~男子シングルス準々決勝②~

2021年全日本卓球 吉田雅己と及川瑞基が準決勝へ。張本智和は及川に敗れる ~男子シングルス準々決勝②~

 2021年(令和2年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月11〜17日、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催されている。
 大会6日目は男子シングルス準々決勝のうち残りの2試合が行われ、吉田雅己(栃木県スポーツ協会)と及川瑞基(木下グループ)がベスト4へ勝ち上がった。

躍動した及川瑞基。今日のプレーを見る限り、優勝に一番近い

「悔しいより疲れた」という張本智和は精彩を欠いた


<男子シングルス準々決勝>
及川瑞基(木下グループ) 5,8,4,-5,8 張本智和(木下グループ)

 優勝の最有力候補と見られていた張本智和(木下グループ)は、Tリーグ・木下マイスター東京のチームメイト、及川瑞基に敗れた。昨日行われた6回戦で御内健太郎(シチズン時計)に逆転勝利を挙げ、さすがの集中力を見せた張本だったが、「昨日(御内戦)の疲れが残っていた」と語るように疲労からかプレーにいつもの精彩を欠き、足を使ってぐいぐい押してくる及川に押し切られた。
 勝った及川は素晴らしかった。台から少し距離を取りながら張本得意のバックハンドをさばき、張本必殺のストレートへのバックハンドも逆にストレートへカウンター気味に打ち返すなど、及川のプレーの充実ぶりは目を見張るものがあった。
「ここまできたら優勝したい」と及川。明日は一気に優勝へと突き進むのか。及川の戦いぶりに注目だ。


■及川瑞基のコメント
「張本選手ということで、相手の方が格上で経験ももちろん上なので、試合前は勝てるとは思っていませんでした。今回は普段勝てなかった選手にも勝てて、ベスト16の壁も越えることができて良かったです。
 今日は事前に戦術もちゃんと考えていて、ラケットも前に振れていたし、いいラリーもあったので良かったと思います。彼のバックハンドが強いので、バック対バックにはならないようにタイミングを変えたり、少しミドルに寄せたりしました。また、自分から下がらないように気をつけていました。ここ2~3ヶ月は(張本と)よく一緒に練習していたので、今日は少し波に乗れていなかったというか、やりにくい部分があったのかなとは思います。
 一つの目標である、表彰台に上がれたので嬉しいです。ここまできたら、もちろん優勝したいので、一つずつ頑張りたいです」


■張本智和のコメント
「1ポイント目がすごいラリーで、そこで波に乗らせてしまった。それが一つ目の原因です。普段から練習している選手で、今日のようなプレーが相手の強みなので自分が地に足をついたプレーができなかった。相手のプレーの方が手堅かったです。
 昨日の疲労(6回戦の御内戦)が残っていて、長い試合では何10試合と続くので、まだまだフィジカル面の向上をしていきたい。
 昨日声を出しすぎてしまったので、今日は抑えようと思ってはいましたが、あまり点も取れなかったので声を出すことがなかったです。ルールを守りつつ、勝つことを覚えていきたいです。
もちろん、今回の結果に満足はしていないですが、昨日のフルゲームを勝ちきれたことは評価したいと思います。今回は負けて悔しかったというよりも、疲れたという気持ちのほうが大きいです。
 次はTリーグやワールドツアーも再開されるので、一試合ずつ頑張っていきたいです」


「最後だと思って挑んでいる」という吉田雅己も優勝を狙う

龍崎東寅は果敢に攻めたが、吉田に受けきられた


<男子シングルス準々決勝>
吉田雅己(栃木県スポーツ協会) 11,8,-11,3,2 龍崎東寅(明治大)

 及川と準決勝を戦うのは、吉田雅己だ。準々決勝では龍崎東寅(明治大)の速い攻めをしっかり受け止め、ときに龍崎の株を奪うようなカウンターを決めて快勝した。
 初戦の松平健太(ファースト)との4回戦から集中したプレーを続けている吉田。「ベテランの域に差し掛かっている自分にとって最後のチャンスだという気持ちで挑んでいる」という覚悟の吉田が、優勝を他人に譲る気はないだろう。
 吉田に敗れた龍崎も、チキータからの速い攻めを武器にトーナメントを賑わせた。チームメイトが棄権を余儀なくされる中、少なからぬ動揺があったと思うが、集中したプレーでベスト8まで勝ち残ったがんばりは龍崎の今後につながるはずだ。


■吉田雅己のコメント
「昨年ベスト4に入ることができて、それで自信がついてきました。プレーもそうですが、プライベートコーチをつけたりして自分の意識も変わり、コーチと戦術も考えるようになって、今のいいプレーにつながっているのかなと思います。
 プライベートコーチ(従兄弟の西東明氏)は3年前からつけています。それまでは社会人でプレーしていて、そこからプロ選手になって、自分はコーチが必要だと思ったのでお願いしました。
 自分はもうベテランの域にかかっているので、最後のチャンスという気持ちで挑みました。明日、準決勝で張本選手とやりたかったという気持ちもありましたが、チャンスも出てきたので優勝を狙っていきたいです」

(まとめ=卓球レポート)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2021/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事