1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. ビッグトーナメント熊本大会 ~女子ダブルスは宋恵佳/成本綾海(中国電力)が優勝~

ビッグトーナメント熊本大会 ~女子ダブルスは宋恵佳/成本綾海(中国電力)が優勝~

 第30回日本卓球リーグ選手権・ビッグトーナメント熊本大会が、4月19日(月)〜22日(木)にかけて、熊本県の熊本県立総合体育館で開催。ビッグトーナメントとは、日本リーグ加盟選手に特別招待された2021年世界選手権釜山大会日本代表選手を加えて、シングルスとダブルスで日本一を争う大会だ。
 大会3日目は女子ダブルスが行われ、宋恵佳/成本綾海(中国電力)が初優勝を果たした。

尻上がりに調子を上げた宋(右)/成本

初優勝を決め、歓喜のエアータッチ

平(右)のつなぎから田口の決定打が冴え、決勝へ

鈴木(左)の絶妙な球さばきとルーキー山本の思い切りがかみ合って表彰台

3位の徳永(奥)/松本。台上からの積極的な攻めが光った

●女子ダブルス決勝
宋恵佳/成本綾海(中国電力) -6,6,5,2 平真由香/田口瑛美子(昭和電工マテリアルズ)

 女子ダブルスを制したのは、宋恵佳/成本綾海(中国電力)。成本が変化速攻で崩し、宋が両ハンドドライブでつなぐ連係が試合を重ねるごとに冴え、見事に栄冠をつかんだ。
 これまで中国電力は、宋と土田美佳のペアが絶対的な強さを誇っていたが、今年の全日本で土田が引退したことに伴い、今大会では宋に成本をペアリングしてきた。それがいきなり最高の結果を出したことは、中国電力にとって好材料だろう。

 2位には平真由香/田口瑛美子(昭和電工マテリアルズ)が入った。決勝トーナメント(第2ステージ)1回戦で野村萌/森田彩音(デンソー)にゲームオール9本で競り勝ち勢いに乗った。優勝には届かなかったが、平が丁寧につなぎ、田口がパンチ力のある攻撃で仕留めるコンビネーションで存在感を見せた。

 3位には鈴木李茄/山本笙子(昭和電工マテリアルズ)と德永美子/松本静香(十六銀行)が入った。

詳しい結果は、日本卓球リーグのホームページに掲載されています。
日本卓球リーグ実業団連盟:https://www.jttl.gr.jp/taikairesult/2021/03/29-2.php

(取材=猪瀬健治)



\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事