1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. ビッグトーナメント熊本大会 ~男子ダブルスは鹿屋良平/郡山北斗(リコー)が優勝~

ビッグトーナメント熊本大会 ~男子ダブルスは鹿屋良平/郡山北斗(リコー)が優勝~

 第30回日本卓球リーグ選手権・ビッグトーナメント熊本大会が、4月19日(月)〜22日(木)にかけて、熊本県の熊本県立総合体育館で開催。ビッグトーナメントとは、日本リーグ加盟選手に特別招待された2021年世界選手権釜山大会日本代表選手を加えて、シングルスとダブルスで日本一を争う大会だ。
 大会3日目は男子ダブルスが行われ、鹿屋良平/郡山北斗(リコー)が初優勝を果たした。

鹿屋(右)/郡山は強打でたたみかけ、優勝へ突っ走った

決勝の接戦を制し、歓喜の抱擁!

実力者ペアの藤村(左)/松下は惜しくも優勝ならず

3位の笠原(右)/酒井。酒井の強烈チキータと笠原の安定性がかみ合った

ラリー戦に強さを見せた池田(左)と宮本が表彰台

●男子ダブルス決勝
鹿屋良平/郡山北斗(リコー) 9,-10,-10,6,8 藤村友也/松下海輝(日鉄物流ブレイザーズ)

 男子ダブルスは、鹿屋良平/郡山北斗(リコー)が初優勝を果たした。決勝はゲームオールにもつれ込む打ち合いになったが、最後まで果敢にラケットを振った鹿屋/郡山が日鉄物流ブレイザーズペアを振り切り、栄冠を勝ち取った。
 鹿屋は、有延大夢と組んだ2019年ビッグトーナメント男子ダブルス優勝に続いて連覇達成(2020年ビッグトーナメントは新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催中止)。

 2位には藤村友也/松下海輝(日鉄物流ブレイザーズ)の実力者ペアが入った。決勝トーナメント(第2ステージ)1回戦で上村慶哉/三部 航平(シチズン時計)にゲームカウント0対2から逆転勝ちし、その勢いをかって決勝へ。決勝も優勝の芽は十分あったが、リコーペアの思い切りの前にわずかに届かなかった。

 3位には、笠原弘光/酒井明日翔(シチズン時計)と池田忠功/宮本幸典(リコー)が入った。

詳しい結果は、日本卓球リーグのホームページに掲載されています。日本卓球リーグ実業団連盟:https://www.jttl.gr.jp/taikairesult/2021/03/29-2.php

(取材=猪瀬健治)



\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事