1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. ビッグトーナメント熊本大会 ~男子シングルスは平野友樹(協和キリン)が初優勝!~

ビッグトーナメント熊本大会 ~男子シングルスは平野友樹(協和キリン)が初優勝!~

 第30回日本卓球リーグ選手権・ビッグトーナメント熊本大会が、4月19日(月)〜22日(木)にかけて、熊本県の熊本県立総合体育館で開催。ビッグトーナメントとは、日本リーグ加盟選手に特別招待された2021年世界選手権釜山大会日本代表選手を加えて、シングルスとダブルスで日本一を争う大会だ。
 最終日は男子シングルス準々決勝から決勝までが行われ、平野友樹(協和キリン)が初優勝を果たした。

バックハンドに進境を見せた平野

優勝を決め、静かに拳を突き上げた

2位の酒井。チキータと両ハンドがうなっていた

地元熊本出身の硴塚は、思い切りのいい両ハンドで3位

変化サービスからのしぶといラリーで3位の藤村

●男子シングルス決勝
平野友樹(協和キリン) 2,-8,7,4 酒井明日翔(シチズン時計)

 男子シングルスは平野友樹(協和キリン)が初優勝を果たした。「1回戦が勝負だと思っていた」という平野は、20年度後期日本リーグ熊本大会で敗れている船本将志(日野自動車キングフィッシャーズ)を気合い十分のプレーでストレートで下して勢いに乗った。
 準決勝では硴塚将人(協和キリン)にゲームオールまで迫られてひやりとしたが、要所で「磨いてきた」というバックハンドで後輩を振り切り、決勝で酒井明日翔(シチズン時計)と対戦。平野は、観る者の度肝を抜くような酒井の豪打を受け止め、ときに打ち返す充実のプレーで栄冠を勝ち取った。

■平野友樹の優勝コメント
「1回戦が1番きついと思っていたので、先を見ずに目の前の1試合1試合に集中したことが優勝という結果に結びつきました。(1回戦の相手の船本には)前回(20年度後期日本リーグ熊本大会)負けており、しかも運命なのか負けたコートでの試合だったので、自分の中でかなり緊張感を持って入ることができたことが大きなポイントでした。
 自分的にはまだ技術は成長できると思っているので、バックハンドでのストレート攻撃を毎日練習したことが今回生きたと思います。特に、1、2回戦はその練習の成果を120パーセント出すことができました。そこで自信を得て決勝までプレーできたことが勝因だと思います。
 今年の全日本は(会社の判断で)棄権になり、悔しくないと言えば嘘になりますが、国民の皆さんの健康を優先した決断は、自分たちにとってはよかったと思っています。今回は『協和キリンの中から優勝者を出す』ということで、個人戦ではあるけれどチームとして優勝に向けて取り組んできたことが自分の中で大きかった。これで1つタイトルをゲットできたので、これからタイトルを全部ゲットしていきたいと思います」

 2位の酒井明日翔(シチズン時計)は、強烈なチキータと目の覚めるようなカウンターで、準々決勝で鹿屋良平(リコー)との強打者対決を制すと、準決勝ではラリー巧者の藤村友也(日鉄物流ブレイザーズ)に競り勝ち、決勝まで勝ち上がった。
 決勝でも果敢に攻めたが、持ち前の強打を平野にうまくさばかれ、優勝はならなかった。

 3位には1回戦で鉄人・小西海偉(東京アート)をゲームオールジュースで下した地元熊本県出身の硴塚将人(協和キリン)と、強烈な変化サービスからのしぶといラリーで勝ち上がった藤村友也(日鉄物流ブレイザーズ)が入った。


●ベスト8入りした選手

第1シードの御内健太郎(シチズン時計)は、平野の見事なカット打ちに屈す

酒井との豪打対決に敗れた鹿屋良平(リコー)

ルーキーの松山祐季(協和キリン)は硴塚との同士討ちでペースを握れず

実力者の笠原弘光(シチズン時計)は藤村のサービスに手を焼き、ベスト8

詳しい結果は、日本卓球リーグのホームページに掲載されています。
日本卓球リーグ実業団連盟:https://www.jttl.gr.jp/taikairesult/2021/03/29-2.php

(取材=猪瀬健治)



\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事