1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 2021アジア卓球選手権ドーハ大会日本代表選考会 〜男子は木造、戸上、篠塚、村松が代表権獲得〜

2021アジア卓球選手権ドーハ大会日本代表選考会 〜男子は木造、戸上、篠塚、村松が代表権獲得〜

 2021年9月1〜8日にドーハ(カタール)で開催される予定のアジア卓球選手権ドーハ大会の日本代表を決める「日本代表選手男女選考合宿」が6月17〜20日(17〜18日/女子、19〜20日/男子)に旭市総合体育館(千葉)で開催された。
 この合宿には男女各24名が参加。3人ずつのグループに別れてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。女子は上位2位、男子は上位4位が日本代表として選考される。
 男子は優勝の木造勇人(愛知工業大)、2位の戸上隼輔(明治大)、3位の篠塚大登(愛工大名電高)、村松雄斗(東京アート)の4人が代表権を獲得した。

1位通過の木造。打球点の速いバックハンドが光った

優勝を決め、ベンチに入った董崎岷コーチと

強烈なボールで決勝へ駆け上がった戸上

センスのいいプレーで代表権獲得の篠塚。球威が増してきた

村松は英田との激闘を制して代表権を獲得し、拳を高々と掲げた

●男子シングルス決勝
木造勇人(愛知工業大) 10,-6,9,-10,8 戸上隼輔(明治大)

 男子は、木造勇人(愛知工業大)が優勝した。吉田雅己(木下グループ)、神巧也(T.T彩たま)と実力者がそろった予選リーグを1位通過すると、決勝トーナメントに入って代表決定戦(準々決勝)の吉村和弘(東京アート)、準決勝の篠塚大登(愛工大名電高)、決勝の戸上隼輔(明治大)と3試合続けてゲームオールの接戦になるが、いずれも僅差で切り抜け、勝負強さを見せた。
 決勝では、圧巻の攻撃力で勝ち上がってきた戸上に対し、回転量の多いループドライブと、バックハンドでのライジングカウンターで応戦。緩急を使って戸上のミスを誘いつつ、要所を速攻で決める見事なプレーで強敵を振り切り、1位通過を果たした。

●木造勇人のコメント
「この選考合宿前に、今までにないくらい練習をしてきて、その取り組みが試せるということで自分自身とても楽しみにしていましたし、それが本当にいい結果になったので素直にやってきてよかったですし、本当にうれしい気持ちでいっぱいです。
(接戦を勝ち切った理由としては)最後まであきらめないことはもちろんですが、ラリー中の我慢だったりとか、後半の作戦をうまく立てることができたのかなと思っています。ですが、前半からどんどんリードしていかないと、強い選手にはまだまだ勝てないと思うので、そこは課題として残りました。
 自分の悪いときは気持ちの面で落ち込んだり、ネガティブになることが多かったのですが、今回はポジティブに考えることを意識し、自信を持ってプレーできたことが勝因だと思っています。
 僕は、まだまだ世界で名の知られていない選手ですし、日本でもまだまだ認められていない選手ではありますが、こうやって1つずつ名を残して、皆さんに認められる選手になって、日本のトップとして世界で戦える選手になっていきたいと思っています。まずは、アジア選手権をがんばってきたいと思います」

 2位の戸上隼輔(明治大)は、2021年全日本王者の及川瑞基(木下グループ)、若手有望株の吉山僚一(愛工大名電高)のいる予選リーグを全勝で通過すると、代表決定戦で水谷隼(木下グループ)と対戦。今大会、好調なプレーを続けていた水谷を豪打でねじ伏せて決勝まで駆け上がったが、木造の頭脳的で速いプレーにかわされ、2位に終わった。

 3位で代表権を獲得したのは篠塚大登(愛工大名電高)。代表決定戦で先輩の曽根翔(愛知工業大学)に対し、ゲームカウント0−2から粘り強く戦って逆転勝利し、進境を見せた。
 同じく3位の村松雄斗(東京アート)は、代表決定戦で英田理志(愛媛県競対)とのカット対決を制し、代表権獲得。長らくけがに悩まされてきた村松だったが、渾身のプレーで日本代表に返り咲いた。

 また、この選考合宿で10位以内に入った選手には、「10月から来年3月までのNT及びNT候補選手になる」「9月27日から大分県杵築市でおこなれる世界卓球選手権ヒューストン大会の代表選考会に出場できる」という権利が与えられるため、順位決定戦も熾烈でハイレベルな試合が繰り広げられた。

ベスト10入りした選手

5位の水谷隼(木下グループ)。戸上の強打に押されたが、状態は良さそうだ

吉村和弘(岡山リベッツ)は木造との打撃戦に惜敗し、6位

7位の英田理志(愛媛県競対)。決勝トーナメントでは村松に競り負けた

8位の曽根翔(愛知工業大学)。篠塚戦での前半リードを守れなかったのが悔やまれる

全日本王者の及川瑞基(木下グループ)は9位。決勝トーナメントでは篠塚に敗れた

平野友樹(協和キリン)は村松のカットを打ち抜けず、10位


詳しい結果は、日本卓球協会のウェブサイトに掲載されています。
公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp/tournament/tabid/122/rptid/754/Default.aspx

(取材=猪瀬健治)



\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事